飲食店のMEO対策は効果あるの?導入すべき理由と効果事例までを一挙公開!

飲食店オーナー様
最近、MEO対策のことを耳にする機会が多いのですが、実際に飲食店で導入するメリットはあるのでしょうか?ぐ○なびやRe○yなどのポータルサイトに広告掲載した方が効果あるのではないかと思っているのですが、実際どうですか?
MEO対策の窓口 担当
そうですね。もちろんポータルサイトも集客に結び付く効果的な集客施策だと思いますが、弊社としては、飲食店様こそMEO対策を実施すべきだと考えています。今回は、飲食店様がMEO対策を導入すべき理由と効果部分をご説明していきますね。
本記事のポイント(1)飲食店がMEO対策を導入すべき理由を理解しましょう。
(2)実際の効果事例を見ながら飲食店がMEO対策を導入することのメリットを理解しましょう。

なぜ、多くの飲食店がポータルサイトに掲載するのか?

なぜ、多くの飲食店がポータルサイトに掲載するのか?

飲食店オーナー・経営者様の方は、オンライン集客の施策を考える際に『ポータルサイトの利用』を考えることだと思います。では何故、ポータルサイトへの広告掲載を行うのでしょうか。

それは『集客に繋がる』からです。

スマートフォンの普及に合わせ、それまでオフラインがメインであった店舗集客もオンラインにシフトしました。そこで『地域名+業種名』検索するユーザーが増加し、検索結果には飲食店をまとめたポータルサイトが上位に表示されるようになりました。

0から自店舗のホームページを制作し、SEO対策を行うよりは、既に上位表示されているポータルサイトに掲載を行い、集客を行うのがベストと考える方が多いためです。

それにSEOを専門に取り組むポータルサイトに対し、ノウハウ面や体制面で勝つのは難しいため、多くの飲食店オーナー・経営者様がポータルサイトを利用してきたのだと思います。

今はポータルサイト掲載よりもMEO対策が効果的⁈

今はポータルサイト掲載よりもMEO対策が効果的⁈

ポータルサイトの利用が多い飲食業界でしたが、Googleの仕様変更により、今はMEO対策の方が効果的な施策となってきています。その理由をご説明いたします。

1.Googleマイビジネス枠が検索結果上部に表示される

『地域名+業種名』の検索結果は、現在はGoogleマイビジネスが検索結果上部に表示される仕様になっています。

ポータルサイトに掲載を行う理由は、集客に繋がることが大きな理由でしたが、Googleマイビジネスの表示により、検索上部をポータルサイトではなく、各店舗のGoogleマイビジネスが表示されるようになっています。

そのためポータルサイトに掲載するよりもGoogleマイビジネス枠に上位表示した方が視認性が高く、ユーザーの目にとまりやすいといったメリットもあります。

SEOに強いポータルサイトに掲載せずとも自店舗のGoogleマイビジネスで検索からの集客を獲得できるようになった点は、飲食店にMEO対策が必要となった理由の1つでしょう。

2.高騰するポータルサイト広告掲載費用

ポータルサイト内でより目立つ位置に掲載を行うには、ポータルサイトが提供する上位プランを利用する必要があります。

1番高いプランですと月額10万円以上するプランもあり、予算を持つチェーン店が上位プランを独占する地域も存在します。

掲載費用の高騰と競合性の高さもポータルではなくMEO対策に力を入れるべき理由の1つでしょう。

飲食店のMEO対策効果事例

当社でMEO対策を実施させて頂いている飲食店様のMEO対策効果事例を紹介していきます。

都内焼肉店様

都内で焼肉店を営む事業者様のMEO対策効果事例です。『地域名+焼肉』『地域名+焼肉+人気』など全4キーワードで上位表示を達成することにより、電話件数は最大176%増加しています。

他にも今までWebサイトへの誘導が0でしたが、当社がMEO対策を実施させて頂いた9月より、Webサイトへの誘導数も増加しています。

関西居酒屋

関西居酒屋

大阪で居酒屋を営む事業者様のMEO対策効果事例です。『地域名+居酒屋』『地域名+居酒屋+個室』『地域名+焼き鳥』など全5キーワードで上位表示を達成することにより、電話件数は最大で314%増加しています。

上位表示後は、電話・経路案内・Webサイト誘導を安定的に実現することができています。

MEO対策とポータルサイトとの費用対効果比較

まずは、ポータルサイトへの掲載とMEO対策の料金体系を比較します。

【某ポータルサイトの掲載費用】

月額料金 アクセスアップ 表現力アップ 予約機能 ポイント機能 集客サポート 管理サポート
プランS 月額10万円+従量課金
プランA 月額5万円+従量課金
プランB 月額2.5万円+従量課金  –
プランC 月額1万円+従量課金
無料登録 無料

※従量課金は予約機能を使っての来店数に応じた課金制度(ランチタイム100円/ディナータイム200円)

【MEO対策の料金体系】

日額 月額最大料金 付随機能利用
成果報酬MEO対策 1,000円 31,000円 0円

※対象キーワードで上位3位以内に表示された場合に課金対象

ポータルサイトとMEO対策の大きな違いは、固定で費用がかかるか成果報酬かという部分もあります。ポータルサイトは集客数に限らず、プランによって固定費用が発生します。

それに比較し、MEO対策は上位表示されない限り費用の発生しない成果報酬型となっていますので、料金体系面でもMEO対策の方が価格を抑えた対策を行うことができます。

今回は、プランAの月額5万円かかるポータルサイト掲載費用とMEO対策の費用対効果を比較します。

【電話件数が各30件の場合】

  • ポータルサイトの電話1件あたりの単価:50,000円÷30=1,666円→15人が来店した場合(ランチ):1,500円→合計:51,500円
  • MEO対策の電話1件あたりの単価:30,000円÷30=1,000円→15人が来店した場合:0円→合計:30,000円

単純計算ですが電話1件あたりの単価で比べた場合、圧倒的にMEO対策の方が費用対効果が高いです。MEO対策の場合、来店数に応じた従量課金もかかりませんし、3位以内の料金は一律です。それに比べ、ポータルサイトで目立つ場所に掲載を行うには、10万円以上の固定費用がかかります。

また『地域名+業種名』の検索では、冒頭に説明したようにポータルサイトが表示されるSEO枠よりもMEO枠が上部に表示されます。

視認性が高く費用対効果の高いMEO対策を飲食店オーナー様や経営者様・店舗責任者様は早急に対策することが必要になってきています。

まとめ

飲食店オーナー様
なるほどね。飲食店でもMEO対策は効果的だし、上位表示することが出来ればポータルサイトよりも費用対効果高く集客に結び付けることが出来るということですね。
MEO対策の窓口 担当
仰る通りです。ポータルサイトも集客に繋がりますが、Googleの仕様変更に伴い、Googleマイビジネスを活用した集客促進が重要になってきています。まだまだ取り組まれていない事業者様も多くいらっしゃいますので、早急に対策することをおすすめいたします。
本記事のおさらい(1)Googleの仕様変更とポータルサイトの掲載費高騰でMEOが飲食店の集客に効果的である。
(2)飲食店のMEO対策は集客増加に効果的である
(3)MEO対策は飲食店のオンライン集客で費用対効果の高い対策である
MEO対策の窓口

MEO対策の窓口は、東京都杉並区を拠点にマーケティングソリューションサービスを提供する株式会社トライハッチが運営する店舗・クリニックなどの来店型ビジネス・ローカルビジネスに特化した集客・集患のお役立ちサイトです。