2018年〜2019年は、関東・関西を中心にMEO対策(ローカルSEO)を導入する店舗・施設のローカルビジネスオーナー様が急激に増えてきています。

本記事では、今まで800店舗以上のMEO対策(ローカルSEO)をご支援してきたMEO対策の窓口が、MEO対策(ローカルSEO)の基本からMEO対策(ローカルSEO)がローカルビジネスに必要な理由、上位表示の仕組みから効果、MEO対策(ローカルSEO)のはじめ方から費用相場までを徹底解説しています。

これからMEO対策(ローカルSEO)を始める方、既に対策しているけど上位表示できずに悩んでいる方、MEO対策(ローカルSEO)をはじめて耳にした方、全ての人におすすめの記事となっていますので、是非参考にして見て下さい。

目次

MEO(Map Engine Optimization)対策とは

MEO(ローカルSEO)とは

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション)の略称で、マップエンジン最適化のことを指します。

つまり、MEO対策とは、Google検索やGoogle Map内検索において「地域名+業種名」などの自店舗・施設に最適なキーワードでSEO同様に上位表示するために行う対策です。

海外では、ローカルSEOと呼ばれており、ローカル版(地域性のあるキーワード)の検索エンジン集客として日本でも導入する事業主様が増えてきています。

MEO対策(ローカルSEO)が店舗・施設の集客に必要な理由

MEO(ローカルSEO)は最適化施策ですので、SEO同様に対策するのとしないのでは、表示順位に差が出ます。

表示順位に差が出るということは、あなたの店舗・施設の情報をユーザーが目にする機会に差が出るということに繋がります。

SEOでも、1ページ目の上位に表示されているサイトと2ページ目以降に表示されているサイトでは、クリック率に大きな差が出ます。

MEO(ローカルSEO)にも同じことが言えます。来店・来院の機会損失を起こさないためにもMEO(ローカルSEO)は導入すべき対策です。ここからは、MEO対策(ローカルSEO)が店舗集客に必要な背景・理由を1つ1つ紹介していきます。

MEO対策(ローカルSEO)が店舗・施設集客に必要になった背景①:スマートフォンの普及

スマートフォン普及率

(参照元:ガベージニュース スマートフォン普及率は79.4%にまで躍進

2018年のスマートフォン普及率は、『79.4%』となっており、多くの方がスマートフォンを利用して、インターネット検索やSNS利用をしていることが分かります。

スマートフォンの普及により、インターネットが身近になったことから、インターネットが通じる場所であれば、ユーザーは何処に居ても、いつでも検索を行うことが、出来るようになりました。

外出先で近くの気になるお店を検索したり、自宅や職場から近いクリニックを検索するなど、今までは、パソコンを開かないと出来なかった検索行動が、どこにいてもスマートフォンで行うことができるようになりました。

このような背景があり、Googleもスマートフォンユーザーに対する利便性を高めるようにしています。

例えば、Webサイトがスマートフォンに適応しているかをSEO順位に反映させるモバイルフレンドリーもその1つです。

Google Mapの活用に関しても同じです。最近、下記のようなテレビCMをご覧になったことがある人も多いのではないでしょうか。

このテレビCMが、MEO対策(ローカルSEO)が必要な理由を物語っていますが、スマートフォンを活用した店舗・施設の検索が当たり前になってきています。

このようにスマートフォンの普及により、検索行動が日常の1部となったことも、MEO対策(ローカルSEO)が店舗・施設集客に必要な理由の1つでしょう。

MEO対策(ローカルSEO)が店舗・施設集客に必要になった背景②:SEO上位表示の難易度UP

ペンギンアップデートやパンダアップデートをはじめとする検索エンジンのアップデートにより、上位表示の難易度は年々上がってきています。

上位表示難易度が上がったことにプラスして、店舗・施設に関連するキーワードにおいては、各業界のポータルサイトが上位表示されていることが多くあります。

このようなことから、店舗・施設に関連するキーワードで上位表示させるには、コストと時間、労力がかかります。

そしてコストや時間、労力をかけても上位表示できる可能性が低いのが、今の店舗・施設関連のキーワードを取り巻くSEOの状況です。

このように店舗・施設関連キーワードのSEOを取り巻く環境に対し、MEO対策(ローカルSEO)を実施できるのは、実店舗を持つ事業者のみです。純粋に商圏エリアの被る競合と順位を競うことが出来ます。

店舗・施設のSEO状況やMEO(ローカルSEO)の優位性も店舗・施設などのローカルビジネスにMEO対策(ローカルSEO)が必要な理由の1つです。

MEO対策(ローカルSEO)が店舗集客に必要になった背景③:ポータルサイトの費用対効果悪化

ポータルサイトの費用対効果悪化

ポータルサイトの掲載料に悩むローカルビジネスオーナーの方も多くいらっしゃると思います。

高騰する掲載費にプラスして、ポータルサイトは競合店舗・施設の情報が多くユーザーに伝わります。高い掲載費用を支払っても競合店舗・施設と比較検討されることが多く、効率的にユーザーを獲得できないことも多くあります。

Googleマイビジネスも競合との比較検討は行われますが、3位以下を確認するユーザーは少なく、対象のキーワードで3位以内に表示されれば、ポータルサイトほどの比較検討をされずにユーザーへアプローチすることが可能です。

某飲食店ポータル予約サイトとGoogleマイビジネスが連携したことが話題になりましたが、徐々にユーザーもGoogle Mapを利用していることが、この発表で明確になりました。

ポータルサイトの依存性を低くし、高い掲載費用に困ることなく来店・来院を行うためにもMEO(ローカルSEO)は必要不可欠な施策となってきています。

また、ポータルサイト内で優先的に上位表示させるには、各ポータルサイトへの広告掲載費用がかかり、数万円から高いプランであれば、10万円以上のコストがかかるプランもあります。

競合が多いエリアでは、費用対効果が合わないケースもあり、このようなポータルサイトの集客力が低下したこともMEO対策が必要になってきている理由でしょう。

関連記事:「ローカルビジネスオーナーがポータルサイト依存を抜け出す手順!

MEO対策(ローカルSEO)が店舗集客に必要になった背景・理由のまとめ

MEO対策(ローカルSEO)が店舗集客に必要になった背景・理由は大きく下記の3つです。

スマートフォンの普及による検索行動の変化
ローカルビジネス関連キーワードを取り巻くSEO環境の変化
ポータル予約サイトの費用対効果悪化

上記を踏まえ、ここからはMEO対策(ローカルSEO)のメリットを紹介していきます。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット

様々な背景・理由があり、ローカルビジネス集客においてMEO対策(ローカルSEO)が必要になりました。しかし、本当にMEO対策(ローカルSEO)を行うだけのメリットが、あるのかと疑問に思っている方もいると思います。

ここからは、MEO対策(ローカルSEO)のメリットを紹介していきます。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット①:検索結果の視認性が高い場所に表示される

下記図のように、視認性が高い場所に表示できるのが、MEO対策(ローカルSEO)の最大のメリットです。

Googleログインをしていないユーザーには、リスティング広告やSEOよりも上位に表示され、Googleログインがある場合に関してもSEOより上位に表示されます。(※キーワードによって表示箇所が変わる場合もあります。)

特にスマートフォンでは、ファーストビュー(検索結果の最初に表示される画面)に表示されることから、スマートフォンユーザーに効果的となっています。

視認性が高いことから、クリック率も高く、「地域名×キーワード」検索のユーザーを効率的に獲得することができます。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット②:ユーザーが行動を起こすまでの利便性が高い

ユーザーが行動を起こすまでの利便性が高い

リスティング広告やSEO対策は、Webサイトありきの集客施策です。リスティング広告やSEOで、Webサイトへのアクセスを増やし、お問い合わせや予約などのコンバージョンへ促すことが必要となります。

リスティング広告やSEO対策では、上位に表示されてもサイト内のコンバージョン率(CVR)によって、お問い合わせの数が大きく変わります。

その反面、MEO対策(ローカルSEO)では、Webサイトがなくても集客が可能です。Google Map(Googleマイビジネス)の表示部分から、電話や経路案内へと直ぐ行動に移すことのできる導線設計になっています。Webサイトがあれば、Webサイトの誘導も行うことができます。

そのため、上位表示されることが、お問い合わせに直結するのもMEO(ローカルSEO)特有のメリットと言えるでしょう。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット③:比較検討される競合が少ない

SEOやポータルサイトは、同じように競合も表示されており、必ずと言っていいほどに比較検討されます。そして、比較検討の結果、他社に流れてしまい、集客の機会損失を起こしている場合もあります。

例えば、某飲食店ポータルサイトでは、TOPページに20件表示されるようになっていますし、SEOもTOPページに10件表示されるようになっています。

某ポータルサイトでは、19の競合と比較され、SEOでも9の競合と比較されてしまいます。

比較検討の選択が多ければ多いほど、ユーザーに選ばれる可能性は低くなります。

それに比べ、MEO(ローカルSEO)の上位枠は3枠です。勿論、Google Map枠は対象エリアでGoogleマイビジネスを登録している事業者数存在しますが、4位以下を見るユーザーは限りなく少ないでしょう。

MEO(ローカルSEO)上位に表示されていれば、ポータルサイトやSEOに比較し、比較検討の幅が少なく済むこともMEO対策(ローカルSEO)のメリットと言えるでしょう。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット④:上位表示までの時間が短い

上位枠が3つと聞いて、「上位3枠に入るのが難しいでしょ!」と思う人もいると思います。

MEO対策(ローカルSEO)は、まだまだブルー・オーシャンです。Google Mapで上位表示が出来ること自体を知らない店舗・施設オーナーの方も多くいます。

MEOのアルゴリズムを正しく理解し、上位表示のノウハウさえあれば、当社でも東京都内の激戦区で、たった2営業日で上位表示を達成したケースもあります。

SEO対策もそうでしたが、競合が力を入れる前に対策を行えば、時間をかけずとも上位表示が可能な点もMEO対策(ローカルSEO)のメリットです。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット⑤:口コミも見てもらうことが出来る

口コミを見てもらえる

MEOで口コミが大切な理由と口コミを増やす方法!』で解説しているように、ユーザーの81.6%以上が口コミを参考にしています。

良い口コミが投稿されていれば、ユーザーに信頼感を与えることができ、来店や問い合わせを増やすことが出来ます。

Google Map(Googleマイビジネス)では、上記のように口コミも確認することができます。そのため、良い口コミが投稿されていれば、口コミを気にするユーザーにも安心感を与えることができます。

また、Googleは、口コミ部分に関してもユーザーファーストのポリシーを持っており、公平性を保つようにしています。そのため、Google Map(Googleマイビジネス内)の口コミは、原則的に削除することが出来ません。

このようなGoogleの企業努力があり、以前、問題になったポータルサイトのサクラ投稿のようなステマがないため、信憑性が高いこともユーザーに安心感・信頼を与える上で、メリットとなっています。

MEO対策(ローカルSEO)のメリット⑥純粋に競合と順位を競える

対象のエリアに、実店舗を持つ事業主のみが、Googleマイビジネスの登録を行うことが出来ます。

そのため、SEOのようにポータルサイトが上位を独占することなく、商圏エリアの被る競合と純粋に順位を競うことができます。

MEO対策(ローカルSEO)のメリットまとめ

MEO対策(ローカルSEO)のメリットをまとめると以下6点がメリットとなります。

検索結果の上部に表示されることから視認性が高く、クリックされる可能性が高い
Googleマイビジネスから電話・経路・Webサイトのアクションを直接行える
ポータルサイトやSEOに比べ、比較検討先が少ない
SEOに比較して上位表示がはやい
口コミでユーザーの信頼性を獲得できる
実店舗を持つ競合と純粋に順位を競うことができる

MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組み

ここまでで、MEO対策(ローカルSEO)が必要になった背景やメリットは理解して頂けたかと思います。

ここからは、実際にMEO(ローカルSEO)上位表示を目指す上で理解すべきMEO(ローカルSEO)の仕組みを紹介していきます。

MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組み①:関連性

関連性は、検索キーワードとGoogleマイビジネスの内容の合致度が判断されます。

タイトルや基本情報含め、マイビジネスの内容を上位表示させたいキーワードへ関連性を高めることが重要です。

当たり前ですが、「渋谷 イタリアン」で上位表示させたいのに、Googleマイビジネスの内容が「池袋の和食屋」に関する内容だったら、「渋谷 イタリアン」で上位表示されません。

上位表示させたいキーワードとGoogleマイビジネスの関連性を高めるようにしましょう。

MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組み②:知名度

対象の店舗・施設の知名度も上位表示するにあたって、重要な要素となっています。

MEO(ローカルSEO)では、この知名度を高めることをサイテーションと呼びます。

サイテーションを直訳すると、「引用・言及」という意味があり、店舗・施設の名前や情報がブログやSNSでどれだけ記載されているか(言及されているか)を支持票のようなカタチで、MEO(ローカルSEO)上位表示の評価項目としています。

多くのブログや他サイト、SNSで取り上げられている店舗・施設は、ユーザーにおすすめできるという評価軸です。

そのため、元から知名度のある店舗や美術館や施設などのランドマークは、上位に表示されやすくなります。

サイテーションを増やすには、ブログやSNSで記載してもらえるような商品・サービス・接客の提供を行うと共に、サイテーションを設置してもらえる仕組みを作ることが重要です。

関連記事:「MEO対策で重要なサイテーションって何?

MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組み③:口コミの数・スコア・内容

口コミ

MEO対策(ローカルSEO)に限らず、Googleのポリシーとして『ユーザーの求める情報を適切に届けること』があります。

そのため、Googleマイビジネス (Google Map)においても、Googleが優良と判断する店舗・施設を上位に表示させる仕組みとなっています。

そこで重要になるのが、口コミの数・スコア・内容です。

良い口コミや点数の高い口コミ、他ユーザーの参考になる内容のある口コミが多く掲載されているGoogleマイビジネスは、それだけ多くの人に評価されているということに繋がりますので、上位表示されやすくなります。

口コミ部分は、誹謗中傷を除いては操作できない部分です。Googleマイビジネスのガイドラインにもステマ投稿を禁止していることが記載されています。

そのため、来店・来院ユーザーに口コミ投稿をお願いするなど、良い口コミを投稿してもらえるような接客・サービス・商品の提供を心がけるようにしましょう。

また、ユーザーから投稿される口コミに対しては、丁寧にコメントを返すようにしましょう。Googleは、Googleマイビジネス上で、ユーザーとコミュニケーションを取ることを推奨しています。

コメントを返信することにより、Googleからの評価も高まりますし、口コミを見るユーザーにも丁寧な印象や安心感を与えることができます。

また、良い口コミだけに返信するのではなく、悪い口コミも真摯に受け止め、丁寧な返信を行うことにより、改善する企業努力がユーザーに伝わります。

口コミ投稿を増やす努力と投稿された口コミに丁寧に返信することが重要です。Googleは口コミ内容も読み込んでいますので、投稿内容や返信内容も中身ある投稿をしてもらう・するようにすると良いです。

また、丁寧にコメントを返信することで、ブログやSNSで良い掲載をしてもらえることもあり、サイテーション増加にも繋がります。

関連記事:「Googleマイビジネスの口コミに返信を返すべき2つの理由
Googleマイビジネスに悪い口コミを投稿されてしまったときの対処法!
Googleマイビジネス内の口コミ促進ツールの提供開始

MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組み④:距離

検索キーワードの地域名とGoogleマイビジネスに登録されている住所との距離も上位表示の要素となっています。

ただし、実際に弊社で、MEO対策(ローカルSEO)を実施させて頂いている感覚値として、対象キーワードで距離が遠い店舗の方が上位表示されていることも多く、距離よりも関連性・知名度・レビュースコアの部分をGoogleは重要視しています。

MEO(ローカルSEO)上位表示の要素としては、「近かったらいいね」ぐらいの評価要素ですので、距離部分は特段気にする必要はないでしょう。

MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組みまとめ

MEO上位表示を行うには、以下4点を対策するとGoogleに評価されやすくなります。

キーワードとの関連性
知名度(サイテーション数)
口コミの数・スコア・内容
距離(※距離の評価比重は低め)

MEO対策(ローカルSEO)の効果

SEO対策同様に、Googleマイビジネス(Google Map)上位表示は、店舗・施設の集客増加に大きな影響を与えます。

実際に対策を導入するべきなのか、費用対効果面の部分を解説していきます。

歯科医院様のMEO対策(ローカルSEO)前と上位表示後の集客数

  • 上位表示までの期間:2ヶ月
  • 上位表示キーワード数:4/4キーワード

上位表示月のMEO(ローカルSEO)順位推移

歯科医院様MEO順位の推移

上位表示後の集客数の変化

上位表示後の集客数の変化

電話問い合わせ件数は、MEO対策(ローカルSEO)前と上位表示月の比較で、190%増加しています。

iPhone修理会社様のMEO対策(ローカルSEO)前と上位表示後の集客数

  • 上位表示までの期間:2週間
  • 上位表示キーワード数:6/6キーワード

上位表示月のMEO(ローカルSEO)順位推移

iPhone修理会社様のMEO対策前と上位表示後の集客数

上位表示後の集客数の変化

上位表示後の集客数の変化

電話問い合わせ件数は、MEO対策(ローカルSEO)前と上位表示月の比較で、140%増加しています。

MEO対策(ローカルSEO)の効果まとめ

この記事では、歯科医院様とiPhone修理会社様の事例を紹介しましたが、MEO(ローカルSEO)上位表示前と上位表示後で130%以上電話問い合わせが伸びます。当社のお客様の中には、電話件数が400%伸びたお客様もいらっしゃいます。

上記で紹介したiPhone修理会社様の電話件数は、上位表示前の3月と上位表示後の5月を比較すると、51件電話件数が伸びています。

費用対効果面の計算を行うと、このiPhone修理会社様は、電話問い合わせの1/3が来店に結びつく店舗ですので、下記のような計算となります。

顧客単価:7,800円
上位表示前来店数(MEO経由):5人
上位表示前売上(MEO経由):39,000円
上位表示後来店数(MEO経由):17人
上位表示後売上(MEO経由):132,600円

実際の来店人数は12人増加し、MEO(ローカルSEO)経由の売上は10万円近く増加しています。このようにMEO(ローカルSEO)上位表示をするのとしないのでは、集客に大きな差が生まれます。

関連記事:「MEO対策って効果あるの?MEO対策のホントのところ

MEO対策(ローカルSEO)が可能な業界

実店舗を持つビジネスであれば、どの業種でも対策が可能です。

<<MEO対策(ローカルSEO)が可能な業種>>

  • 医療系‥歯医者、眼科、病院、耳鼻科、小児科、産婦人科、整形外科、美容外科、薬局
  • ジム‥フィットネスジム、キックボクシングジム、パーソナルジム、加圧ジム、ヨガ教室
  • 不動産‥賃貸、売買、貸し会議室、レンタルオフィス、注文住宅、住宅展示場、ショールーム、戸建、マンション
  • 飲食‥居酒屋、カフェ、焼肉屋、ラーメン店、レストラン、バー
  • ブライダル‥結婚式場、2次会会場、パーティー会場
  • アミューズメント‥カラオケ、ダーツ、シミュレーションゴルフ、漫画喫茶、ネットカフェ
  • 教育施設‥英会話スクール、学習塾、専門学校、茶道教室、書道教室、料理教室、ボイストレーニング
  • 物品販売‥ブランド買取、リサイクルショップ、時計屋、質屋、家具屋、自転車屋
  • 自動車‥車販売、中古車販売、板金、修理工場
  • 宿泊施設‥ビジネスホテル、シティホテル、旅館、温泉
  • 士業‥税理士、公認会計士、弁護士、社労士、司法書士、行政書士
  • 美容‥ネイルサロン、美容院、マツエク、エステ、マッサージ

MEO対策(ローカルSEO)のはじめ方

MEO対策のはじめ方

ここからは実際にMEO対策(ローカルSEO)をはじめる方法を解説していきます。

①Googleマイビジネスのオーナー確認登録をする

MEO対策をはじめるには、Googleマイビジネスのオーナー登録確認を行う必要があります。

まずは、ご自身の店舗・施設がGoogle MapにGoogleマイビジネスとして登録されているかを確認します。

Googleマイビジネスは、ご自身が登録していなくても、Google独自の情報を基に、Googleが自動的に登録作業を進めている場合もあります。

新規開業の店舗・施設ではない限り、登録されているケースがほとんどですので、まずは登録されているかどうかを確認するようにしましょう。

自店舗・施設がGoogleマイビジネスに登録されているかを確認する方法

Google Map検索結果

自店舗・施設がGoogleマイビジネスに登録されているかを確認するには、まずWebブラウザもしくはアプリでGoogle Mapを開いて下さい。

Google Map内の検索で、店舗・施設の“屋号名”を検索して自店舗・施設が表示されれば登録されています。登録されていない場合には、マップで「○○」は見つかりませんでしたと表示されます。

Googleマイビジネスのオーナー確認(Googleマイビジネスが登録されている場合)

Googleマイビジネスが既に登録されている場合は、自身にオーナー権限があるかを確認しましょう。

Googleマイビジネスと検索し、Googleマイビジネスに登録したアドレスとパスワードでログインし、自店舗・施設のGoogleマイビジネスを確認することができれば、オーナー権限がある状態です。

逆にログインできない場合やGoogleマイビジネスに「このビジネスのオーナーですか?」と記載がある場合は、オーナー権限付与の依頼をGoogleに行う必要があります。

オーナー権限のある場合

オーナー権限のある場合

権限がない場合

オーナー権限がない場合、実際に対象店舗のオーナーであることの証明を行う必要があります。Googleに申請を行い、ハガキ・電話などでオーナーであることをGoogleに証明することにより、オーナー権限を手に入れることができます。

②基本情報の登録を行う

基本情報の登録を行う

Googleマイビジネスのオーナー確認が完了すると、Googleマイビジネスの管理画面に入り、サービス情報の編集を行うことができます。

屋号名や住所に間違いがないかを確認し、営業時間やビジネスの説明を記載するようにしましょう。

編集して登録を行なった後は、早ければ3日以内にGoogle検索結果やGoogle Map検索結果に表示されるようになります。

③写真・口コミ・サイテーションを増やす

基本的なGoogleマイビジネスの登録が完了した後には、MEO(ローカルSEO)上位表示の仕組みで解説した各評価項目を強化していく必要があります。

店舗のイメージが伝わるような写真・店内ストリートビューの掲載や口コミやサイテーションを増やす仕組みを作っていく必要があります。

自店舗・施設で対策が難しい場合は、MEO対策の窓口のようにGoogleマイビジネスの登録からMEO対策(ローカルSEO)実施までを行う会社がありますので、相談してみてはいかがでしょうか。

MEO対策(ローカルSEO)の料金相場とMEO会社(ローカルSEO会社)の選び方

料金相場

MEO対策(ローカルSEO)は、まだまだブルーオーシャンの店舗マーケティング施策ですが、都内を中心に導入する店舗・施設も徐々に増えてきています。

競合性の高いエリアや自分で行なっているけど上位表示が出来ない場合などは、当社のようなMEO対策会社(ローカルSEO会社)に対策を任せるのも1つの手です。

しかし、MEO(ローカルSEO)に限らず、「どこの会社に任せればいいのか?」「料金の相場はいくらなのか?」と判断する上で押さえておくべきポイントがいくつかありますので、料金相場やMEO会社(ローカルSEO会社)の選び方を解説していきます。

MEO対策(ローカルSEO)の料金相場

MEO対策(ローカルSEO)には、順位に応じた成果報酬型と順位に関わらず一定の固定費がかかる固定型、2つの料金体系があります。

現在、MEO対策(ローカルSEO)を提供している会社のほとんどが成果報酬型の料金体系でサービス提供を行なっています。

成果報酬型プランの相場

成果報酬の場合、対象キーワードで上位表示(3位以内)されない場合は費用がかかりません。

1店舗、4キーワードの対策で800円〜1,200円が相場です。1ヶ月丸々上位表示されていたとしても24,800円〜37,200円が上限となります。

成果報酬型で気をつけるべき部分は、4キーワードの内、1キーワードでも上位表示(3位以内)で課金対象となり、日額成果費用が発生します。ただ、対策する全てのキーワードが上位表示されたとしても課金金額が上がることはありません。

固定型プランの相場

固定型の場合、順位状況に限らず一定の費用が発生します。

相場としては、1店舗、4キーワードの対策で、2.5万円〜3万円が相場です。上位表示されていない期間も費用がかかります。

MEO対策会社(ローカルSEO会社)の選び方

料金体系や価格の安さだけでMEO対策会社(ローカルSEO会社)を選ぶのは危険です。MEO対策会社(ローカルSEO会社)を選ぶ際のポイントを解説していきます。

①MEO順位チェックツールの有無

まずは、MEO順位チェックツールを所有しているかを確認しましょう。

MEO順位チェックツールがない場合、MEO会社は目視確認をしています。目視では正しいIPアドレスで順位を計測できていなかったりするなど、適切な運用を行うことができません。

また、MEO順位チェックツールを共有してもらえるかも必ず確認するようにしましょう。

②実績

実績数や上位表示率も確認するようにしましょう。

ホームページに書いてある実績だけではなく、近しい業界の実績データなども持っているかも確認しましょう。

データをたくさん持っていれば、それだけ実績とノウハウがあることに繋がります。

③料金プラン

先ほど紹介した費用相場内で任せる会社を選ぶようにしましょう。

MEO対策の効果面で紹介したように、店舗・施設などは顧客単価がある程度決まっています。費用対効果の面で、1店舗あたり3.5万円を越えると費用対効果が合わない場合が出てきますので、あまりに高い費用の場合は気をつけるようにしましょう。

こんなMEO会社(ローカルSEO会社)には気を付けましょう!

補足ですが、以下のようなMEO会社(ローカルSEO会社)には気を付けましょう。

  • ステマの口コミ投稿を全面的に肯定している・・Googleポリシーに違反する内容を行う会社ですので気を付けましょう。
  • 検索数のないキーワードを提案してくる・・集客に繋がらないキーワードで課金させる会社もあります。検索数を提示してくれる会社を選びましょう。
  • 過度なキーワードの詰め込みを行う・・ビジネス名部分や詳細記載部分にキーワードを詰め込む会社もあります。Googleポリシー違反となりますので注意しましょう。

Googleマイビジネス ポリシーはコチラ

補足:MEO対策(ローカルSEO)キーワードの効果的な選び方


MEO対策(ローカルSEO)が必要な背景やメリット、上位表示の仕組みから効果、対策可能キーワードまでをここまで紹介してきました。

最後に、MEO対策(ローカルSEO)で実際に行う上で重要となるキーワード選びの方法を紹介します。キーワード選びから実際のMEO上位表示施策(ローカルSEO)をプロに任せたいという方は、コチラからご相談下さい。

MEO対策(ローカルSEO)キーワードの選定方法①:対策キーワードを洗い出す

まずは思い浮かぶだけ、キーワードを洗い出して見ましょう。

例えば、あなたが高円寺で歯科医院を経営されている場合、下記キーワードが思い浮かぶと思います。

  • 「高円寺 歯医者」
  • 「歯医者 高円寺」
  • 「高円寺駅 歯医者」
  • 「歯医者 高円寺駅」
  • 「高円寺 インプラント」
  • 「インプラント 高円寺」
  • 「矯正歯科 高円寺」
  • 「高円寺 矯正歯科」
  • 「高円寺 小児歯科」
  • 「小児歯科 高円寺」

このように自店舗のビジネスに関連するキーワードを洗い出し、どのキーワードで上位表示を行いたいか、優先順位を付けておくといいでしょう。

MEO対策(ローカルSEO)キーワードの選定方法②:キーワードの月間検索数を調べる

Google Adwordsのキーワードプランナーを活用すれば、各キーワードの月間検索数を調べることができます。

月間検索数の多いキーワードで上位表示を行うことが出来れば、検索数に比例して見られる回数やクリックされる可能性も高くなります。

ただし、キーワードの検索数にだけ目を向けるのではなく、自店舗・クリニックが獲得したいキーワードや競合状況も調べるようにしましょう。

例えば、新規でGoogleマイビジネスを取得したばかりの場合、口コミが100件以上あるマイビジネスが上位表示されているキーワードでは、上位表示までに時間がかかることが想定されます。

検索数が少なくても狙いたいキーワードを対策したり、2語ではなく「高円寺_歯医者_おすすめ」等、3語のキーワードを対策するなどするようにしましょう。

あくまでMEO対策(ローカルSEO)のGOALは上位表示ではなく、上位表示による集客増加です。SEO対策同様に集客へと繋がるキーワードを選定するようにしましょう。

当社MEO対策(ローカルSEO)サービスについて

まずは、「MEO対策の窓口」説明動画をご覧下さい。

MEO対策の窓口では、初期費用0円、日額800円〜の成果報酬型(※対象キーワードで上位3位以内で課金)もしくは固定型で、MEO対策(ローカルSEO)を実施して頂けます。

成果報酬プラン6 固定プラン MEOフルプラン
初期費用(税別) ¥0 ¥0 ¥0
日額成果費用(税別) ¥1,000 対象外 対象外
月額上限金額(税別) ¥31,000 ¥9,000 ¥15,000
対策キーワード数 4キーワード 4キーワード 4キーワード+星カクトくん
契約期間 成果発生日の翌月1日より6ヶ月 契約開始日より6ヶ月 契約開始日より6ヶ月

MEO対策(ローカルSEO)内容

当社が提供するMEO対策(ローカルSEO)内容は下記の通りとなります。

  1. Googleマイビジネスのアカウント取得代行
  2. 基本情報の最適化(住所・電話番号・URL)
  3. カテゴリの最適化
  4. 説明文の作成
  5. サイテーション/トラフィック施策
  6. Googleマイビジネス順位計測・効果測定ツールの提供
  7. 競合調査
  8. 最適化アドバイス(画像数や投稿内容、レビュー返信のサポート)

また、別サービスでGoogleマイビジネスのレビューを促進するツールの提供を行なっています。

サクラやステマのレビュー獲得は一切行わず、実際に来店・来院したお客様にオンラインでレビューをお願いできるツールです。スタッフ別のレビュー貢献度やレビュー投稿ユーザーへのクーポン発行、レビュー投稿のネガポジ判断を行うことができるレビュー促進ツールとなっています。

MEO対策(ローカルSEO)からレビューの獲得まで、Googleマイビジネスポリシーに沿った運用代行・サポートを行います。他にも投稿代行なども承っています。

実績

日本全国、800店舗以上のローカルビジネスオーナー様に選ばれ、94の上位表示率でMEO対策(ローカルSEO)を実施させて頂いています。

対策キーワード 対策後順位 対策前順位 対策期間
 iPhone修理 吉祥寺 1位  13位 2営業日
大塚駅 ラーメン 1位  18位 3営業日
 本八幡 ダイエット 1位  11位 2営業日
 池袋 マッサージ 1位  圏外 7営業日
上野 ビジネスホテル 1位  圏外 2ヶ月
川越 不動産 1位  圏外 1ヶ月
大宮 結婚式場 1位  圏外 6ヶ月
 目白 イタリアン 1位  23位 2ヶ月
鷺沼 歯医者 1位 20位 2ヶ月
中野 マッサージ 2位 圏外 3営業日

※過去含む一部のキーワード実績となります。

順位チェックツールでMEO(ローカルSEO)順位も毎日計測!

毎日0:30にMEO(ローカルSEO)順位チェックツールが、対象店舗・施設のMEO対策(ローカルSEO)キーワード順位を計測します!計測画面は、お客様にもお渡し致します。

星カクトくん機能一覧

順位チェックツールは、Googleインサイトデータとも連携しています。上位表示前と上位表示後の電話件数の違いなども簡単にご確認頂けます。

インサイトデータ

口コミ促進ツール『星カクトくん』で来店ユーザーにオンラインで口コミをお願い!(※オプション)

ステマ・サクラの投稿ではなく、実際に店舗・施設に訪れたユーザーにオンライン上で口コミを促進できるツールの提供を行なっています。

お問い合わせはこちら

★Googleマイビジネス最適化(MEO)のご相談はこちら★
\MEO対策の無料相談はこちらから/
03-5327-8871
土日・祝日を除く10:00〜19:00

 

 

MEO対策の窓口は、東京都杉並区を拠点にマーケティングソリューションサービスを提供する株式会社トライハッチが運営する店舗・クリニックなどの来店型ビジネス・ローカルビジネスに特化した集客・集患のお役立ちサイトです。