【Googleマイビジネス×情報配信】機会損失を防ぐためには何をすべきか!?

本記事で私がご案内させていただきたい内容は「Googleマイビジネスは見込客に対しての情報配信としても活用することができる!」ということです。

なぜこの記事を書くのか?知っているよ?という方も多いかと思います。

この記事を読んでいただきたい方としては「GMBは集客媒体になりうるのか?」「どのくらいGoogleマイビジネスって見られているのか?」などまだマイビジネスを活用されていないけど今後注力していくかを検討している方に対して参考として読んでいたければ幸いです。

私が最近お客様とMEOツールのお打ち合わせの際にお話しさせていただいていることと、その中でのご担当者様の反応もまた良かった事例のエピソードも踏まえてご紹介させていただきます。

そもそもGoogleマイビジネスとは!?

皆様ご存じだとは思いますが、Googleマイビジネスの説明から簡単にお伝えさせて頂きます。Googleマイビジネスは、Googleマップ上にある店舗や施設の情報のことを指します。

 

よくお店などを探す際に用いられる「エリア×サービス名」などのキーワードで検索した際に上位のほうにヒットする上記画像のような店舗・施設情報のことを指します。

Googleマイビジネスは店舗名、住所、電話番号、ウェブサイト、営業時間など基本情報や商品、メニュー、クーポン、イベント情報などの投稿機能もあり、ユーザーが店舗情報を取得することができます。

Googleマイビジネスの活用事例が多い業界の例を挙げますと外食(飲食)、歯科院、サロン・美容室、ジム・フィットネスなどの複数店舗展開されている業界で、主に見込客の獲得のための集客ツールとして活用されています。

Googleマイビジネスの重要性とは!?

結論から申し上げますと、Googleマイビジネスを充実させることでより、視認性が高まり、他店舗と比べて自店舗が選ばれ、来店にも繋げられる可能性が高くなります

ですが、競合店舗のGoogleマイビジネスが自店舗のマイビジネスよりも最適化されていた場合は競合店舗が上がってしまう場合もあり、必ず上がるというわけではありません。

なぜ視認性が高くなり、他の店舗よりも選ばれやすくなるのでしょうか?

例として「中野 味噌ラーメン」のキーワードで検索されたとしましょう。自社(自店舗)の情報だけでなく、他の店舗情報も「中野で味噌ラーメンを提供されている店舗」が表示されます。

上位表示されている3店舗はスリーパックと呼ばれており、このスリーパックに表示されることで見込客の獲得と他店舗よりも比較・検討されやすい状態となります。

そしてスマホユーザーの76%がローカル検索を行い、そのうちの28%がサービスを購買されていることがGoogleの調査よりわかります。

仮にこの28%の購買者が、いずれかのローカルパックに表示されたマイビジネスを閲覧(クリックされた)して来店されサービスを受けたと仮定した場合、ローカルパックに表示されたGoogleマイビジネスのクリック率も28%の計算となります。

76% of people who conduct a local search on their smartphone visit a business within 24 hours and 28% of those searches result in a purchase.

https://www.thinkwithgoogle.com/consumer-insights/consumer-trends/purchase-decision-mobile-growth/

仮定ではありますがローカルパックの28%というクリック率は検索時に上位に表示されるリスティング広告のクリック率よりもはるかに高い数字です。リスティング広告は良くてもクリック率1~2%で業界キーワードによってはさらに下がり、クリック単価もキーワードによっては高く、コストだけが発生してしまうことも少なくはないでしょう。

その分Googleマイビジネスは無料ツールで、見込顧客への認知拡大や集客にも向いており昨今のMEO市場規模は今後も上昇傾向と予測され、より需要が高まり多くの業界に活用されるツールではないでしょうか。

GMO TECH:国内MEO市場に関する調査を実施

Googleマイビジネスは「事前の情報収集」で検索されている!

今回、私がお伝えしたいことはGoogleマイビジネスの活用が活発ではない業界でも、見込顧客から情報収集を目的に「エリア×サービス」のキーワードで検索され、自店舗・自社のGoogleマイビジネスは見られており、対策しないと機会損失されている可能性があるということです。

Googleマイビジネスを活用し上位表示、MEO対策に注力されている業界としては外食や美容室、ジム、フィットネス業界などが挙げられると思います。一定の期間に対してサービスの利用頻度が高く、「そのエリアですぐに(短い期間に)サービスを受けたい」という見込客が多い業界にGoogleマイビジネスを良く活用されているイメージはあるかと思います。

ですが、意外と検索されていることに気づかれない、もしくは誘客に結びつかないと後回しにされがちにされてしまうケースもあります。

保育園業界について例を挙げますと、「世田谷区 保育園」などのキーワードは8,100回と検索されており、そのほかの関連性の高いキーワードを含めるとさらに検索数は多いのがわかります。

先ほどの仮の数字ではありますが、ローカルパックの表示される確率とGoogleマイビジネスのを閲覧される確率を計算しますと。8,100件の表示回数に対して、2,268件いずれかのGoogleマイビジネスをクリックされていることになります。ローカルパックにランクインをすることでユーザーから発見されやすく、情報収集されたり購買につながることが多くなる傾向と予想ができます。

ですが調査の結果「世田谷区 保育園」のキーワードに対して、表示されるスリーパックはGoogleマイビジネスにおいては活用されている状況ではなく、地点としての状況が多いの状況ではありました。

 

仮にスリーパックのうち1つの保育園だけGoogleマイビジネスの情報を整えたら、ローカル検索をされた際には発見されやすい状態になり、「世田谷区 保育園」の8,100回に対して表示され、選ばれやすい状態へとなるでしょう。

飲食店のように「すぐには足を運ばないサービス」は、特に事前の情報収集としてローカル検索されていることがわかります。

逆を言いますとGoogleマイビジネスを充実させないと、埋もれてしまったり、クリックされても情報がなく、見込客は離れていってしまう可能性もありますのでGoogleマイビジネスの情報整えておくことで集客にも大きく影響するといえるでしょう。

「Googleマイビジネス情報を整える」というのは何をするべきか!?

「じゃあ何をするべきなのか?」ということをご紹介いたします。

あくまでご提示させていただきます内容としては、本格的なMEO対策ではなく、対策としてはまだそこまで、活用されていないけど、少しずつ上位表示をさせたいという方に対しての私個人が考えるアプローチ方法となりますので参考という形でご覧いただけたらと思います。

私個人が考えるGoogleマイビジネスで行うこととしては主に以下の3つです。

Googleマイビジネスで行うこと
  1. 見込客の立場に考えて何を知りたいか、どういう目的で検索されているか調査すること
  2. 競合のGoogleマイビジネスの情報(投稿・更新内容、口コミ、写真など)を知ること
  3. 競合のGoogleマイビジネスよりも自店舗のGoogleマイビジネスを真似る・更新すること

    1.見込客の立場に考えて何を知りたいか、どういう目的で検索されているか調査すること

    保育園の事例でお伝えしますと、「世田谷 保育園」というキーワードに対して検索された方は「どういう情報を知りたいのか?」という点を気に掛ける必要があります。(簡単に言うと保育園を選ぶ基準です)

    保護者のお母さんが「子供を安全でのびのびと育てられる保育園に入園させたい!」という思いがあったと仮定してみましょう。

    お母さんが見る(情報収集する)ポイントとしては、保育園の教室の内装・広さや設備、そこで働くスタッフの姿、子供が遊んでいる雰囲気の写真、年間の行事の様子など雰囲気やイメージを把握することができる点だとかと思います。

    判断基準は複数あり、情報収集のポイントによっては、もちろんパンフレットや資料などでも把握することができる点かとは思います。

    ですが、一つの判断材料としてローカル検索が行われ、Googleマイビジネスから情報収集をされていることは間違いありません。

    まずは顧客のニーズを把握し、それに合わせて次はGoogleマイビジネスを活用することを推奨しています。

    2.競合のGoogleマイビジネスの情報(投稿・更新内容、口コミ、写真など)を知ること

    2点目は競合のGoogleマイビジネスの情報を調査してみましょう。

    調査対象は上位表示を狙っているキーワードで検索した際に上位に出てくる1位、2位くらいまでのGoogleマイビジネスのアカウントを以下を参照してみます。

    上位表示を行うためにもすでに上位表示されているアカウントの情報を把握し同様の対策を行うのが一番早いです。

    ★確認項目
    • 写真の数と写真の内容
    • 最新情報(イベント・クーポン)内容
    • 投稿頻度
    • 口コミ数とキーワード

     

    この時に見込客のニーズ、知りたいことが記載されているかに注目してください。

    先述しました通り保育園を事例にした際、教室の雰囲気・イベント行事の様子・子供が遊んでいる様子などが保育園の雰囲気を見込客に伝えることができるかです。

    うまく活用しているGoogleマイビジネスは、見込客が求めている情報を投稿や写真などで掲載されていることがありますのでその点を押さえていきましょう。

    3.競合のGoogleマイビジネスよりも自店舗のGoogleマイビジネスを真似る・更新すること

    最後はシンプルに上位表示されているGoogleマイビジネスを真似るということです。

    競合よりも写真数や投稿数が多く更新やキーワードに対して関連する内容を更新することが重要です。

    やみくもに最新の情報を投稿・更新するのではなく、競合のGoogleマイビジネスと比較して足りないところを補って投稿することのイメージになります。

    そして投稿内容や更新箇所は、対策するキーワードや競合店舗の状況に応じて異なる点ではありますので見本となる競合の情報から対策を真似てみてもいかがでしょうか。

    繰り返しとなりますが見込客が見ることを想定してニーズにマッチする投稿を意識してみると良いでしょう。

    まとめ

    今回はこれから「MEO対策を注力するかを検討中」「集客効果があるかが不明」という方に対してのまずはお試しいただける私個人が考えるやり方をご紹介させていただきました。

    もちろん確実に上位表示できる・集客に結び付くというわけではなく、こちらの対策につきましてもエリアや業界によっては活用できないケースもあります。

    その際にはまずは自社サービスの検索ボリュームが多いキーワードや競合が密集しているエリアのみ一部だけ試験的にGoogleマイビジネスを整えるなどすみ分けしてお試しいただくのもありかとは思います。

    もしMEO対策にご興味をお持ちであったり、本格的に対策キーワードに対して上位表示を狙いたい場合は当社のローカルSEO(MEO)対策をご検討ください。

    下記動画から、当社サービスの特徴もご覧になれますので是非ご覧になっていただければと思います。

    参照動画:なぜトライハッチのローカルSEO対策は選ばれるのか?そのサポート内容を公開!