「開業したはいいけれど実店舗の集客ができない…」と頭を抱える企業は少なくありません。客足が伸び悩んだままだと、いずれかは廃業してしまう恐れも。

しかし、実は自分が経営している業種こそ、MEOの効果が出やすい業種かもしれません。

今回の記事ではMEO対策が必要な業種を紹介するとともに、なぜ特定の業種でMEOの効果が出やすいのかを解説。MEO対策を成功させるための3つのコツも紹介しているので、実店舗でのMEO対策の参考にしてください。

この記事で分かること
  • 実店舗集客にMEOがおすすめな理由
  • MEO対策の効果が出やすい業種
  • なぜMEO対策の効果が出やすいのか
  • MEO対策の効果を高めるコツ

実店舗の集客に効果的な「MEO対策」とは?

仕事, 木, 成長, 成功, チーム, チームワーク, 利益, マーケティング, 予定, イノベーション

そもそもMEOという言葉自体を聞いたことがない人もいるでしょう。そこで、まずは実店舗で効果的な集客を可能にするMEO対策について紹介します。

MEO対策とは?
  • Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を活用した集客方法のこと
  • 効果が出やすいマーケティング手法でもある
  • 実店舗集客に強みのある手法

Googleマイビジネスを効果的に運用する集客方法

そもそもMEOとは「マップ検索エンジン最適化」という意味で、SEO(検索エンジン最適化)のマップバージョンのようなものです。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に自店舗のプロフィールを登録することで、Googleマップ上で登録した店舗が表示されるようになります。

MEO対策を実施すれば以下のメリットを得られるでしょう。

MEO対策で得られるメリット
  • マップ上で自店舗が表示されやすくなる
  • 検索結果に表示されやすい

少なくとも2つのメリットはあるので、店舗型のビジネスではMEO対策を始めない手はありません。後述するように効果も出やすく、小規模ビジネスにうってつけのWeb集客の方法と言えます。

さらに、MEOの最大のメリットは無料でできること。MEOを始めるためにはGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)へ登録する必要がありますが、登録や運用が無料なのも、始めやすさや手軽さにつながるでしょう。

業態を問わず、多くの実店舗ビジネスの経営者に注目されているのがMEO対策です。

すぐに効果が出るWebマーケティング手法のひとつ

MEOは他のWebマーケティングに比べて、効果が出るまでの期間が比較的早いのも特徴的です。例えば、Webマーケティングの手法として代表的なものとしてSEO対策が挙げられます。

SEO対策を実施するためには質が高いコンテンツを大量に発信する必要があり、またSEO対策を施してから効果が出るまでには一般的に3ヵ月〜1年ほどの期間がかかると言われています。新設されたサイトの場合は、1年以上かかることも珍しくありません。

いずれにせよ、費用と時間がかかりすぎるので、実店舗ビジネスには不向きであることが多いのです。

しかし、MEOはGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録した直後からマップ上に表示されるので、SEOより早く集客効果が期待できます。

また、MEOは他のWeb集客施策に比べてまだまだマイナーな手法。

MEO対策をしていない競合他社も多く、市場にライバルが少ない状態と言えます。地域や業態によっては、始めた直後から検索結果の上位に表示されることも少なくありません。

効果の出やすさには差がありますが、丁寧に積み上げていけば効果が出やすく、効果が出るまでの期間が比較的短いことも大きなメリットと言えます。

MEO対策が重要な業種とは?

人, グループ, オフィス, デジタル, テクノロジー, コンピューター, 仕事, ミーティング, 会議

実店舗ビジネスのなかでも特にMEOの効果が出やすい業種を8つご紹介します。自社のビジネスが当てはまっていたら、ぜひMEO対策を実施してみてください。

MEOに向いている業種
  • 飲食店
  • 美容院
  • 病院・クリニック
  • 教育関連
  • 小売店
  • 不動産
  • 宿泊・レジャー
  • 士業関連

飲食店

飲食店

飲食店はMEO対策が必須の業種です。飲食店の魅力をインターネット上の情報で伝えきるには難しいため、第三者からの口コミ情報や写真、動画といったコンテンツが集客のカギを握ります。

中でも、実際にお店へ足を運んだ方から寄せられるGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ機能が役に立つでしょう。

Googleも「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」のなかで、「好意的な口コミが掲載されているほど集客が期待できる」との旨を記載しています。

そのため、顧客から自然と口コミが集まるようになれば、多くの人の目に留まりやすくなり、自動的に来店を促す広告塔としての役割も果たしてくれるでしょう。検索結果の上位に表示されれば、大幅な集客力の向上につながります。

美容院

美容室

美容院もMEO対策が重要な業種の一つです。

美容院を検索する際には「自分が住んでいる地名+美容院」で検索することも多いため、MEOの結果が集客に直結しやすい業態です。

美容院においてはMEO対策をしていないと競合に負けてしまったり、新規顧客が獲得できなかったりする可能性もあります。

店舗の清潔感やサービス内容をアピールするためにGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に写真を載せたり、実際に来店したお客さんにカットモデルを頼んだりして、効果的な集客につなげましょう。

病院・クリニック

病院

病院やクリニックを検索する際には、どうしても緊急性が高くなりがちです。病院やクリニックを検索するユーザーは「近くの地域名+病院(クリニック)」などと検索する機会が多く、中でも口コミを重視します。

また、病院やクリニックを訪れるユーザーのニーズは「不安の解消」や「苦痛の緩和」です。つまり「信頼できるのか」「安心して任せていいのか」「これからも通えるのか」といった少しシビアな視点で比較される業態と言えます。

その点、MEO対策によって自院が上位表示されていれば目に触れやすくなりますし、口コミが充実していれば信頼感を与えやすくなるでしょう。MEO対策に注力している病院やクリニックは集客につながりやすく、今後の運営における大きな資産となります。

教育関連

先生

学習塾や予備校などの教育関連施設はMEO対策に向いている業態です。一般に教育関連と言えば、塾や習い事のようにお客が継続的にお金を支払うため、どこで契約するかはシビアな問題になります。

その点、MEO対策は、まだまだどの業界でも取り入れている一般的な施策ではありません。

特に教育関連の実店舗でMEOを実施しているケースは少なく、先行者利益を取りやすい市場でもあるので、MEOの効果が出やすいと言えます。

また、プロフィールを作成する際には「小学生」や「中学生」など教育段階に合わせた検索キーワードを含めることで、効果的なMEO対策が期待できるでしょう。

小売店

スーパーマーケット

実店舗ビジネスの中でも代表的な小売店。日用品から食品まで幅広く取り揃えている店舗も多いことから、何かのついでに寄る機会も多くなります。

小売店の代表例としてスーパーが挙げられますが、例えばMEO対策としてプロフィールを充実させた上で、今週の特売情報やチラシなどを定期的にアップしていると、たまたま見つけたユーザーの来店につながる可能性が高く、もちろんMEO対策の効果もアップします。

加えて、どのエリアから検索されているのか、どんなアクションが選択されているのかを読み取れば、求められている商品や価格の予測にも役立つでしょう。

MEO対策を通して、全体的なマーケティングの見直しにもつながるため、小売店とMEO対策の相性は抜群です。

不動産

建築業

不動産での買い物は、賃貸にせよ売買にせよ、大きな金額になりがちです。できれば信頼できる業者に依頼したいのがユーザーの心理でしょう。

MEO対策を実施している不動産であれば検索結果の上位に表示されやすくなり、口コミがあればユーザーはより安心して依頼できます。

特に不動産という業種は信用商売になりやすく、顧客の信頼を勝ち取るためにも「検索結果で上位表示される」ことのメリットは大きいと言えるでしょう。

これらの理由から、不動産業界ではMEO対策が重要な意味合いを持っているのです。

宿泊・レジャー

ホテル

宿泊やレジャー施設などは用意されている設備や立地を基準に選ぶ人も多いです。そこで、施設を紹介するためにGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の画像掲載機能が役に立ちます。

掲載できる画像の種類
  • ロゴ
  • カバー写真
  • 外観
  • 内装
  • 商品
  • サービス
  • 共有エリア

以上の画像をGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)で効果的に掲載し、施設の魅力が伝わるようにプロフィールを作り上げましょう。ユーザーが検討する材料になり、結果的に集客につながる可能性があります。

また、検索エリアを調査すれば、自社がどんなニーズを持った人から見られているのかが分かるので、専用のプランを用意したり、イベントの開催やサービスを拡充したりといった具体的な改善施策にも活かしやすいでしょう。

士業関連

士業関連

意外かもしれませんが、士業関連の実店舗においてもMEO対策は有効です。

特に士業関連の業種は依頼するときの単価が高く、依頼する側から見れば厳しく比較検討せざるを得ないのです。その上で、MEO対策に注力している士業関連の個人事務所は多くありません。

新規顧客を獲得するという観点で見れば、WebやGoogleMapで検索してきたユーザーを取り込むのは良い手法なのですが、Webマーケティングに対する知見を持っていない士業者の方も多く、MEO対策はブルーオーシャンに近い状態と言えます。

このタイミングで士業の方がMEOに取り組めば、競合と大きな差を付けられますし、口コミが集まれば顧客に安心感を与えられるので、取り組んでみることをおすすめします。

特定の業種でMEO対策の効果が出やすい理由とは?

分析, チャート, グラフィック, マーケティング, トラフィック, ソ, マックブック, ラップトップ

ここまで紹介してきた特定の業種において、MEO対策の効果が出やすい理由は以下の通りです。

なぜ特定の業種では特に効果が出るのか
  • 特別なスキルやノウハウが必要ない
  • 費用がかからないのでオーナー自ら取り組める
  • 商圏が特定のエリアに限定されていてリーチしやすい

特別なスキルやノウハウが無くても効果が期待できる

MEOは特別なスキルがいらないマーケティング施策です。SEOなどのコンテンツマーケティングの場合、知識がないと検索結果の上位に表示されるのは難しく、それらの習得にも多少の時間がかかります。

SEO対策で効果を生み出すには、オーナー自身が勉強する時間や、実際にSEOに取り組む時間が必要なので、どうしてもハードルが高くなるのです。

しかし、MEOは継続して運用していれば効果が出やすいマーケティング施策と言えます。運用するといっても、基本情報の更新や口コミの返信など店舗運営の片手間でできる内容ばかり。

それほど手間もかからないので、実店舗運営のかたわらで取り組めるのが、効果の出やすい理由と言えます。

費用がかからないのでオーナー自ら取り組める

MEO対策を始めるためにはGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録する必要があります。

登録やプロフィールの更新には一切の費用がかからないため、初期費用をかけずにスタートできるのが大きなメリット。費用をかけずにMEO対策には取り組めるため、広告や集客に予算を割きにくい中小規模の実店舗でもすぐにWebマーケティングに取り組めます。

実店舗運営の空き時間にスマホやPCから更新できるので、個人レベルの店舗でも問題なく継続でき効果を発揮できるのが、MEO対策の効果をアップさせている要因と言えるでしょう。

商圏が特定のエリアに限定されておりリーチしやすい

上で紹介したように、飲食店や美容院などの実店舗ビジネスは、商圏が限定されやすいという特長を持っています。リピーターになってくれれば強い一方、新規顧客の獲得が最も難点と言えるでしょう。

そのため、特定のエリアで効果を出しやすいMEOとは相性が良く、Googleマップ上の評価や写真の情報などが充実していれば顧客にリーチしやすくなり、新規顧客の獲得が狙えるのです。

MEO対策を丁寧に実施したり、少額から広告を打ち出したりすれば、狙ったエリアの狙った層へ情報を届けることもできるため、MEO対策を基盤とした集客力を構築しやすいと言えます。

今日から強化!MEO対策を成功させる3つのコツ

マーケティング戦略, 広告キャンペーン, ボード, 黒板, チョーク, グラフィックデザイン, 広告コピー

MEO対策は効果がすぐに期待できるので、できれば今すぐにでも取り組みたいところです。しかし、闇雲に取り組んでいても失敗してしまう可能性もあるでしょう。そこで、MEO対策で成功するための3つのコツをここでは紹介します。

MEO対策を成功させるコツ
  • 写真はバランスよく掲載する
  • 営業時間やサービスなどの基本情報の充実
  • インサイトで定期的に分析する

来店を促すために写真をバランスよく掲載する

顧客の来店を促すためのMEOを実施するためには、実店舗の魅力が伝わりやすい写真を掲載しましょう。Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)では商品やサービス内容の写真を掲載できますが、写真の情報量に偏りがないように注意してください。

それぞれGoogleが推奨する写真の種類と枚数を記載するので、写真を掲載する際の参考にしてください。

写真の種類推奨されている最低掲載枚数
外観3枚
店内3枚
商品3枚
サービス3枚
食べ物や飲み物3枚
共有エリア1枚
客室3枚
チーム3枚
参考:ビジネス用写真│Google

「営業時間」や「サービス」の欄を充実させる

MEO対策を成功させるためには特別な情報を書き込む必要はありません。

まずは営業時間やサービス内容などの、基本的な情報を充実させてください。ただし、情報を充実させる際に重要なのが、最新の情報を反映することです。

特に近年は感染症予防の一環として、特別な営業時間で運営している店舗も多いです。その際に特別時の営業時間に情報を反映していないと、ユーザーが営業時間外にもかかわらず訪ねてくる可能性があります。閉店している店舗に顧客が訪ねることになるので、悪い印象を与えかねません。

正確な情報を記載しておき、顧客が安心して営業時間中に訪ねられるようにしましょう。

インサイトでユーザーの動向を分析する

MEO対策で重要なのはPDCAサイクルを繰り返すこと。Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の情報を更新したからといって、放置していてはいけません。定期的にインサイト機能を用いてユーザーの動向を分析しましょう。

インサイト機能ではアクセス数はもちろんのこと、どのように店舗を検索してもらっているのかが把握できます。インサイト機能で得た定量的なデータをもとに、理論的な改善ができるようにしましょう。

MEO対策が重要な業種を理解して効果的なMEO対策を

携帯電話, アプリ, マーケティング, 概念, 心臓, お金, 本, ノート, ペン, Ai, 手

MEO対策の効果が出やすい実店舗ビジネスの業種についてご紹介しました。

まだまだMEO対策を導入していない企業や店舗は多く、エリアによっては対策直後から結果が出ることも少なくありません。MEO対策を取り入れていない店舗が対策をおこなえば、集客の基盤となる大きな資産を生み出せるでしょう。

この記事で紹介した内容を参考に、効果的な集客の実現に向けてMEO対策を実施してみてはいかがでしょうか。