Google Mapは皆さんが普段から使用しているアプリケーションの1つですので、馴染みもあるかと思います。

そんな、Google Mapの未来の姿がGoogleから発表されたことをご存知でしょうか?

今回は、Google MapがARナビゲーションに対応している、未来の姿をご紹介します。

拡張現実(AR)ナビゲーション機能の発表

2018年5月9日からGoogleによる開発者向けのイベントがスタートしたことはご存知でしょうか。

「Google I/O 2018」というものです。

その講演中に発表されたのが、拡張現実(AR)ナビゲーション機能に対応したGoogle Mapの未来の姿です。

ARナビゲーションによって可能になること

それでは、実際にARナビゲーション機能を使用すことで可能になる部分をご説明いたします。

1つは、カメラ機能を使用して、実際に歩いている状況とGoogle Mapを照らし合わせた形で、進行方向までGoogleが案内してくれます。

Google Mapを使用していると、自分のいる位置が本当に合っているのか?と思う場面も多々あるかと思います。

ARナビゲーション

しかし、このように目の前の風景とスマートフォン内の状況が照らし合っていると、格段に現在地が分かりやすくなります。

さらに、キャラクターが道案内をしてくれる機能まで、実装されるようです。

ARナビゲーション

最近は、Google Mapを使用したアプリケーションが流行っていることもあり、このようなキャクターを使用した案内機能は、とても興味深いと思います。

引用:Google Maps unveils its first-ever augmented reality interface

まとめ

Google MapのCMなどが最近では流れているように、Googleが想像以上にGoogle Mapに力を入れてきていることが分かります。

ローカルビジネス業界は、Google Mapの上手な活用によって、集客大きな差がうまれてきそうです。

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。