国内5社を徹底比較!複数店舗向けGoogleマイビジネス運用ツール徹底比較!

Googleマイビジネスの管理・運用は、複数店舗を運営するローカルビジネス事業主様にとって悩みの1つです。

各店舗に運用や管理を任せている場合もあると思いますが、本部で一括管理している場合、Googleマイビジネス1つ1つの情報更新や編集、クチコミ管理など、多くの工数がかかります。

多くのユーザーがGoogle MapsやGoogle検索によるGoクエリの検索を行うことから、放置という訳にもいかずにお困りのビジネスオーナー様も多いのではないでしょうか。

今回は、上記のような複数店舗のGoogleマイビジネス運用・管理における課題を解決できる国内のGoogleマイビジネス運用ツールを徹底比較して紹介しています。

複数店舗向けのGoogleマイビジネス運用・管理ツールでできることとは?

Googleマイビジネス管理・運用ツールの提供会社によりますが、下記のような機能が搭載されています。

複数店舗向けGoogleマイビジネス管理・運用ツールの主な機能
●複数店舗の情報一括編集機能

●情報改ざんの通知及び防止機能

●インサイトデータの横断比較

●クチコミの管理及び自動返信機能

●投稿の予約機能

●順位計測機能

上記のような機能が利用でき、複数店舗のGoogleマイビジネス運用における手間や課題を解決することが可能です。

複数店舗向けGoogleマイビジネス管理・運用ツールの比較

以下の表に、日本国内で現在導入可能な複数店舗向けのGoogleマイビジネス管理・運用ツールの比較をまとめています。ダウンロードはページ下部よりお願いします。

MEO(ローカルSEO)ツール比較まとめ

Googleマイビジネスの管理・運用ツールは、開発・提供する会社によって機能が変わります。

一括編集や改ざん防止だけでいいのか、順位計測やインサイトデータの確認はできるのかなど、利用用途に合わせて検討してみると良いでしょう。

MEOチェキの強み

複数店舗向けのGoogleマイビジネス管理・運用ツールは、国内でもいくつかのツールがありますが、当社のMEOチェキは、ローカルSEO提供会社が開発したツールとなっており、自社での運用時やお客様から頂くお声をもとに開発したツールとなっています。

お客様や代理店様が求める機能を研究し、ローカルSEOを運用していく上で必要となる機能をアップデートし続けています。

『ローカルSEO(MEO)をもっと簡単に効率良く』を掲げ、今後も様々なアップデートを行います。2020年現在はGoogleマイビジネスがローカルSEO(MEO)の主流ですが、Yahoo!プレイスの台頭により今後はYahoo!Mapの対策も必要になってくると思います。

例えば、2020年10月現在、本記事で紹介しているツールベンダーの中でYahoo!Mapの順位計測に対応しているのは『MEOチェキ』のみです。当社はこのように最新情報やプラットフォーム側のアップデートをいち早くキャッチアップし、ツール自体のアップデートを繰り返しています。今後も傾向分析機能やクチコミのテキストマイニング機能などを実装する予定です。

Googleマイビジネス管理・運用ツールを比較検討している方は、本記事のツール比較資料を下記から無料でダウンロード頂けますのでご覧ください。

複数店舗向けGoogleマイビジネス管理・運用ツール比較資料ダウンロード