Googleが新しい“Google マップ”を日本に導入

米Googleは3月6日(日本時間)、同社の地図サービス「Googleマップ」の日本向け地図を新たに開発したと発表しました。

より分かりやすい徒歩ナビゲーションや乗換案内、地図のダウンロードが可能になります。

今後数週間での提供を予定しているそうです。

新しい地図では、徒歩の道案内の際に「次を右折」ではなく、「コンビニで右折」というように地理的な目印を利用することで分かりやすい徒歩ナビゲーションを実現するということです。

オフラインマップ

地図データをあらかじめダウンロードして、データ通信できない環境でも地図を見られるようにする「オフラインマップ」の機能は以前からGoogleマップに備わっていましたが、日本地域では「契約上の制限」から同機能を提供されていませんでした。

オフラインマップと新しい乗換案内は、今後数カ月の間に提供する予定とのことです。

MEO対策の窓口は、東京都杉並区を拠点にマーケティングソリューションサービスを提供する株式会社トライハッチが運営する店舗・クリニックなどの来店型ビジネス・ローカルビジネスに特化した集客・集患のお役立ちサイトです。