店舗を営業中にMEO対策の営業電話を受けて怪しい会社なのでは?と不安にもなった経験がある人もいるのではないでしょうか。

実際、MEO対策店舗集客に非常に効果的ですが、コンサルティング会社に依頼する意味はあるのでしょうか。

そこで、本記事では自社開発ツールを持ち、多くの店舗様のMEO対策を経験してきたプロがコンサルタントの必要性と選び方について徹底解説します。

MEOコンサルタントとは?

MEOコンサルタントを簡単に言うと、MEOをコンサルティングする会社(サービス)のことを指します。

MEOとは、Map Engine Optimization(マップ検索最適化)の略で、Google検索結果での順位改善を目的とした施策です。

MEO対策とはわかりやすく言うと、お客様が「地名+サービス名」で検索した際に表示される自社情報(Googleビジネスプロフィール)を上位に持ってくる対策を指します。GoogleマップやGoogle検索にも影響があるため、店舗集客には欠かせない施策と言えます。

ローカル検索時に表示されるGoogleビジネスプロフィール

MEOに似た言葉で、SEOという言葉があります。SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語に訳すと「検索エンジンの最適化」です。

一見、MEOもSEOも同じような言葉に感じられますが、MEOはGoogle検索やGoogleマップで自社情報(Googleビジネスプロフィール)を上位に表示させる対策なのに対し、SEOは自社Webサイトを上位にするための対策という違いがあります。

ややこしく感じてしまいますが、MEOはマップや「地名+サービス」の検索結果での対策で、SEOは通常のGoogle検索結果での対策をWebサイトで行うものと覚えておきましょう。

MEOSEO
マップ検索最適化 検索エンジンの最適化
「地名+サービス名」 で検索上位を狙う 通常の検索で上位を狙う
店舗集客のための施策 自社Webサイトを上位にするための施策
MEOとSEOの違い

両者は非常に関係性が高いため、MEOは「ローカルSEO」と呼ばれています。

MEO対策を行うことで、ユーザーが「地名+サービス名」で検索した際に、自社のGoogleビジネスプロフィール情報が上位に表示されます。結果的に、自然とユーザーが閲覧するようになり集客につながるというわけです。

しかし、近年対策を行う店舗も増加しており、通常の運用を行うだけでは集客改善に繋がらないケースも増加しています。

そのため、MEO対策のノウハウを豊富にもつコンサルタントに依頼することで、効果的にWebを通した集客が行えるようになります。

MEO対策の内容については「MEO対策とは?上位表示のメリットや具体的なやり方・集客効果を徹底解説!」でより詳しく解説しています。

MEOコンサルの必要性とは?

それではここからは、MEOコンサルが必要なパターンについて見ていきましょう。

店舗数が多い場合は自社運用とMEOコンサルがおすすめ

自社店舗が多い場合は、MEO対策のツールやMEOコンサルタントを活用し、運用は自社で行いつつ、ノウハウはコンサルタントを通して取り入れる方法がおすすめです。

運用方法一例
  • MEOツールやMEOコンサルティングでノウハウを蓄積し最終的に自社運用する
  • 一部をMEOコンサルタントに依頼し、口コミ対応は自社で行うなど運用を限定する方法

MEOコンサルタントが行う基本の作業は、ご担当者様から申し込みを受けてGoogleビジネスプロフィールの登録を行い、アカウントの管理を代行するというものです。

MEOコンサルタントへの依頼費用は、1店舗につき月額数千円から50,000円ほどと、幅があることが多い傾向にあります。

プランに関しても、成果が出るまで無料の成果報酬プランや成果報酬より月額がお得になる固定報酬プランなどがあります。どこまでサービスを行うのかによって費用は違いうため、自社にあったコンサルティング会社を探す必要があります。

MEOコンサルタントに依頼すると、専門家のノウハウを利用できるため短期間で上位表示できる可能性は上がりますが、毎月のコストが発生することはデメリットといえるでしょう。

とはいえ、一定のノウハウをコンサルタントから得た後は自社でMEO対策を行うことも可能なため、費用は最小で済むと考えることもできます。

投資した費用でどれだけの効果を生むのかなどを総合的に考えて、どこまでMEOコンサルタントに依頼するのかを検討すると良いでしょう。

費用対効果を検証する方法については「 【解決!】MEO対策の費用対効果を自分で確認する方法とは? 」がおすすめです。

自社店舗が少ないなら運用お任せがおすすめ

自社店舗が少ないのであれば、低予算ですべての運用を任せた方がメリットは大きいと言えます。

MEO対策はノウハウさえあれば自社でも行えますが、常に最新情報をキャッチアップして改善を加えることは忙しい店舗オーナー様にとって非常に困難です。

MEO対策はあくまでも自店舗の集客効果改善の手法の一つであり、店舗の価値を高めてくれるものではありません。

自社のリソースをMEO対策に費やすよりは、コンサルティングサービスを利用して自社サービスの改善を行い、顧客満足度を向上させた方が良いでしょう。

MEOコンサルタントに依頼する時の注意点

MEOコンサルタントは最近注目の業種で、さまざまな会社が進出しています。

MEOコンサルタントの選び方を誤ると高額料金を請求され、ガイドライン違反の方法でMEO対策を行なった結果、ペナルティを課されるケースもあります

MEOコンサルタントに依頼する際の注意点をまとめると下記の通りです。

MEOコンサルタントに依頼する際の注意点
  1. Googleビジネスプロフィールのガイドライン違反業者は避ける
  2. 成果報酬型のMEO対策は契約内容をよく確認する
  3. ツール提供もできる事業者を選ぶ

それでは、MEOコンサルタントに依頼する際に注意したいポイントを紹介します。

Googleビジネスプロフィールのガイドライン違反業者は避ける

Googleビジネスプロフィールを運用するには、Googleのガイドラインに沿った内容で行わなければなりません。MEO対策のために、関連性の低い情報や大量のキーワードを入れ込むと、ガイドライン違反となってGoogleビジネスプロフィールが停止されることもあります。

ビジネスが停止してしまうと⋯⋯

ビジネスが停止してしまうと編集できないだけでなく、Googleの検索結果にも表示されなくなります。回復リクエストを行うことで、元に戻すことは可能ですが、申請がうまく通らず回復するまでに1ヶ月かかるケースもあるので注意してください。

また、ビジネス停止は2回以上発生すると、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の復旧が非常に難しくなります。集客どころか今後の店舗運営でも損してしまうことになるため、ガイドライン違反業者は避けるようにしましょう。

ただし、Googleガイドラインの項目は多岐に渡るため、何が良くて何が悪いのかは素人では見極めにくいでしょう。

MEO対策の依頼時にガイドラインに沿った運用を行ってくれるのかを確認し、明確な回答がない場合やそれほど重視していない返答があった場合には、注意した方が良いでしょう。

できれば相談の前に、Googleガイドラインについて理解しておくと、MEOコンサルタント側がガイドライン違反をしていないかチェックができるため、大枠は理解しておくことも検討しましょう。

成果報酬型のMEO対策は契約内容をよく確認する

固定報酬プランの場合は追加費用の負担があるケースは少ないですが、成果報酬型の場合には成果に応じて課金されていきます。

そのため、契約当初は固定報酬プランが割高に思えても、結果的には成果報酬プランの方が割高になってしまったというケースもあります。

また成果報酬の場合、成果をあげることで報酬が発生するため、Googleガイドラインを違反してでも上位に表示させようとしてくる業者もいます。

目先の費用を比べるのではなく、契約内容をしっかり確認してから契約をしましょう。

成果報酬プランを選択するのであれば、あらゆる状況をシミュレーションしてどれくらいの費用負担になるのかチェックするようにしてください。

ツール提供もできる事業者を選ぶ

MEOやSEOに関連する資格試験はあるものの、実際には資格がなくても事業展開は可能です。個人のMEOコンサルタントや販売代理店では、MEO対策に関するノウハウを持っていない可能性があるため、ノウハウを持っている業者かどうかを確認しましょう。

また、MEO対策の結果を集計可能なツールを提供している業者のほうが、客観的に成果を確認できるためおすすめです。

MEO対策業者の費用や選定ポイント

最後に、MEO対策業者の費用や選定ポイントを見ていきましょう。

業者選定のチェックポイントは以下の通りです。

MEO業者選定のチェックポイント
  1. 費用面
  2. 実績
  3. 事業会社で最新情報を持っているか
  4. 定期連絡の有無
  5. キーワード選定

費用面のチェックポイント

MEOコンサルタントの費用相場は、月額20,000円から30,000円ほどです。契約内容によって報酬体系が異なるため、コストの変動リスクを考えると、固定報酬プランがおすすめです。

成果報酬プランでも明確な基準があり、納得のいくものであれば問題ないでしょう。契約時にしっかり確認した上で、締結するようにしてください。その他に、初期費用はかかるのか、契約期間、サービス内容などもチェックが必要です。

これまでの実績をチェック

歯科医院MEO対策実績
実績の一例

MEOの成果は、担当した店舗のGoogleビジネスプロフィールが上位に表示され、売上がアップすることと考える店舗様は多くいらっしゃいます。

そのため、MEOコンサルタントを選ぶ際には、事業年数よりも現在までの実績をチェックするようにしてください。過去から現在までの取引会社の実績を数値で見せてもらい、どういったキーワードで上位になったのかもチェックすると良いでしょう。

担当店舗の集客に直結するような難易度の高いキーワードで上位を取れているのか確認し、本当にノウハウを持っているのかを確かめるようにしましょう。

難易度の高いキーワードで上位を取れているということは、それだけその業者のスキルが高いことを意味します。

事業会社で常に最新のノウハウを持っているか

コンサルタントの中には、過去にMEO対策企業で働いていたようなフリーランスの人もいます。

しかし、そういった方達は過去のノウハウしか持っていないことも多く、現在のアルゴリズムに最適化されていない可能性があります。

その点、弊社のような事業会社であれば、常に大規模な傾向分析調査を行っているため、最新のノウハウでGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を運用することが可能です。

定期連絡があるかどうかをチェック

MEO対策を依頼してから連絡がないような業者は避けましょう。どんなMEO対策を行い、経過はどうなのか、問題点はないのかなど、細かくフィードバックしてくれる業者がおすすめです。

Googleを利用するユーザーはさまざまで、検索キーワードも変化するため、常に新しい施策や調査を行なっている企業がおすすめです。

また、質問などに回答してくれるサポートがあるのかも同時に確認するようにしましょう。

キーワード選定のチェック

どんなキーワードでも上位表示すれば良いと考えている業者がいます。

たしかに上位表示すれば目的を達成したことになりますが、一般的でないキーワードは元々の検索数も少なく、上位に表示されたとしても集客や店舗の収益につながりにくいでしょう。

それではコストをかけただけで、集客へのメリットは限りなく少なくなります。MEO対策の話し合いの際には、選定されたキーワードが妥当なものかどうかをチェックしましょう。

具体的には、どういった根拠でそのキーワードを選んだのかを確認してみてください。この問いに的確に回答できる業者は、しっかりしたノウハウがあると判断する1つの材料となるでしょう。

参考:MEO対策キーワード選びの極意 | 集客に繋がるKW選定のコツとは

MEOコンサルを見極めて集客アップにつなげよう

MEOコンサルタントを利用することで、効率良く集客できる可能性があることを理解していただけたはずです。

しかし、MEOコンサルタントの中には、明確なノウハウがないにも関わらずMEO営業を行っている業者もいます。

MEOの必要性を改めて理解し、今回紹介した注意点や選び方を参考に、優良なMEOコンサルタントを選ぶようにしてください。