Google My Businessを活用した集客が注目を集める中、実際にGoogle Maps経由でどのくらいアクセス、お問い合わせ(コンバージョン)に繋がっているか気になっている方は多いのではないでしょうか。

SEO対策が盛り上がった過去もそうであるように、検索結果での順位を改善した後には、その順位改善による集客への影響度に注目が集まることが想定されます。

本記事では、GoogleMapsのパフォーマンスデータの内容、GoogleAnalyticsを活用したGoogleMapsからのアクセスを計測する方法をご紹介させて頂きます。

パフォーマンスデータ

Google Mapsのパフォーマンスは、Google My Businessから把握することが可能です。

パフォーマンスデータ

確認ができる項目が3つあるため、それぞれについてご説明します。

閲覧数

閲覧数では、GoogleMapsが閲覧された数を確認できます。

パフォーマンスデータ_閲覧数

閲覧数には2種類あります。

  • 検索経由で閲覧された数
  • Google Maps経由で閲覧された数

Googleマイビジネスのヘルプページでは下記のように説明されています。

インサイトのこの項目では、Google 検索や Google マップでお客様のビジネスを見つけたユーザー数を確認できます。次の各サービスを通じてお客様のリスティングが表示された回数を確認できます。

 

  • 検索経由の表示: Google 検索を使用してビジネスを見つけたユーザー。バルクレポートに「検索経由の表示回数」として表示されます。
  • マップ経由の表示: Google マップを使用してビジネスを見つけたユーザー。バルクレポートに「マップ経由の表示回数」として表示されます。
  • 合計表示回数: Google 検索と Google マップ経由の両方の合計表示回数。

 

Googleマイビジネスヘルプ_インサイトについて

注意点としては、『ビジネスを見つけた数』となっているため、お客様のGoogle Mapsをクリックして情報を閲覧されている数とは異なります。

お客様のGoogle Mapsが表示された数という捉え方の方が良いかもしれません。

検索数

検索数では、ユーザーがお客様のGoogle Mapsを検索した数と見つけた方法を確認できます。

パフォーマンスデータ_検索数

見つけた方法は3つに分類され、これらの合計の数値となっています。

  • 直接検索数:ビジネス名や住所を直接検索したユーザー数
  • 間接検索数:商品やサービス、カテゴリーを検索して、お客様のGoogleMapsが表示されたユーザー数
  • ブランド検索数:ブランドや関連するブランドを検索したユーザー数

Googleマイビジネスのヘルプページでは下記のように説明されています。

この項目では、お客様のビジネスを見つけたユーザー数と見つけた方法を確認できます。ダッシュボードでグラフをクリックまたはタップすると、それぞれの検索方法でお客様のビジネスを見つけたユーザーの割合が表示されます。

 

  • 直接検索数: お客様のビジネスの名前や住所を直接検索したユーザー。
  • 間接検索数: 提供している商品やサービス、またそのカテゴリを検索し、お客様のリスティングが表示されたユーザー。
  • ブランド検索数: お客様のブランドや、お客様のビジネスと関連のあるブランドを検索したユーザー。このカテゴリは、ブランド検索でお客様のリスティングが 1 回以上表示された場合にのみ表示されます。
  • 合計検索数: 直接検索数、間接検索数、ブランド検索数の合計。

お客様のビジネスをまだ知らないユーザーにアピールしたい場合は、Google での広告掲載をご検討ください。

 

注: このグラフには、ビジネスを名前またはカテゴリで検索したユーザー数が表示されます。これらの検索は個別に計算されるため、ユーザーが間接検索を行った後に直接検索した場合は、検索数は 2 回(または各セクションごとに 1 回)としてカウントされます。

Googleマイビジネスヘルプ_インサイトについて

アクティビティ数

アクティビティ数とは、ユーザーがお客様のGoogleMapsに対しての行動数を確認できます。

パフォーマンスデータ_アクティビティ数

行動数とは大きく5つに分類されます。

  • ウェブサイトへのアクセス
  • 経路案内が開かれた数
  • 電話された数
  • 上記3つの合計数
  • 写真が閲覧された数

Googleマイビジネスのヘルプページでは下記のように説明されています。

  • ウェブサイトへのアクセス: ウェブサイトを閲覧したユーザー。バルクレポートに「ウェブサイトへのアクセス数」として表示されます。
  • ルートのリクエスト: ビジネスまでのルートをリクエストしたユーザー。バルクレポートに「ルートの照会数」として表示されます。
  • 通話したユーザー数: ビジネスに電話をかけたユーザー。バルクレポートに「通話数」として表示されます。
  • 合計アクション数: ウェブサイト、ルート、通話に関するユーザー行動の合計数。
  • 写真の閲覧数: お客様の写真が閲覧された回数です。

Googleマイビジネスヘルプ_インサイトについて

Google AnalyticsでGoogle Maps経由のアクセスを計測する方法

ご確認頂いたパフォーマンスが実際のお問い合わせに繋がっているのか、GoogleAnalyticsでGoogleMaps経由のアクセス数を計測する方法をご紹介します。

※お問い合わせ(コンバージョン)数の測定はGoogleAnalyticsの設定で閲覧が可能になります。設定方法はこちらをご覧ください。

今回は、そのお問い合わせがGoogleMaps経由のアクセスによるものか確認する方法をご紹介します。

本設定を行わない場合はGoogleMaps経由のアクセス数「Direct」に分類されますので、本設定を完了させて流入元を特定できるようにしましょう。

パラメータ-を付与したURLを作成

Google Maps経由のアクセス数をGoogleAnalyticsで計測するためには、パラメータを付与したURLの作成が必要となります。

パラメータを付与したURLの作成は、Campaign URL Builderを使用して簡単に作成することができます。

Campaign URL Builder
  • Website URL:GoogleMyBusinessで設定しているWebサイトのURL
  • Campaign Source:自由記載(どこ経由かわかりやすい名前がおすすめです)
  • Campaign Medium:自由記載
  • Campaign Name:自由記載
campaign URL

上図にパラメータが付与されたURLが生成されるため、コピーします。

GoogleMyBusiness

コピーしたURLをGoogleMyBusinessで設定すれば完了となります。

GoogleAnalyticsでは『集客<すべてのトラフィック<参照元/メディア』の手順で確認が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。GoogleMyBusinessをせっかく利用している店舗様であれば設定することをおすすめします。

本設定を行ってアクセス数の計測を行い、GoogleMyBusinessで確認ができるパフォーマンス以外のデータも計測しながら運用されてみてはいかがでしょうか。

設定は簡単にできるため、是非試しに行って頂ければと思います。