GoogleマップにGoogleマイビジネス広告を出稿する方法とその効果

今回ご紹介させていただきますのが、Googleマイビジネスでの広告出稿の仕方を知りたい人向けの解決記事となります。

「ローカル検索広告」と言われている、Googleマップ上に出稿する広告についてご案内します。

Google マイビジネスとは?

Googleマップ上にある無料で活用することができる店舗情報のことを「Googleマイビジネス」と言います。

店舗名、住所、電話番号など基本的な情報がGoogleマップ上でも検索することができ、検索したユーザーにアプローチをすることが可能です。

Googleのデスクトップ検索の結果右側(ナレッジパネル※)やGoogle マップなどGoogleが提供するサービス上にその情報を掲載させることができるツールです。

以下の写真のように、「中野 美容室」と検索時に表示される赤枠の施設情報を指します。

Googleマイビジネスの表示箇所

「中野 美容室」と検索時に表示される赤枠の施設情報がGoogleマイビジネス

Googleマイビジネス広告の特徴とその効果とは?

Googleマイビジネス広告表示箇所

上の写真のように、「中野 美容」と検索した際に上位に「広告」記載されたもののことローカル検索広告・またはローカルキャンペーンと言います。

どのようなものかをわからない方向けに、Googleマイビジネス広告の特徴とその効果について紹介します。

 

住所表示オプションで地図に広告が出稿可能

住所表示オプションとは?
住所表示オプションとは、広告に会社や店舗の住所、地図、または距離を追加表示できる機能です。
ユーザーがクリックまたはタップすると、所在地に関する詳細など、関連するビジネス情報がまとめられた所在地ページが表示されます。ユーザーが電話で簡単に問い合わせることができるように、電話番号や通話ボタンを追加することも可能です。

広告表示オプションの一つである住所表示オプションが利用可能となり、企業や店舗の住所、地図、電話番号などを広告に追加することが可能です。

設定すれば必ず掲載されるわけではありませんが、ユーザーが店舗の近くにいる場合や関心を示している場合に次の場所に掲載される可能性があります。

  • Google 検索ネットワーク
  • Google マップの検索結果
  • Gogole ディスプレイネットワーク
  • YouTube 動画広告

参照:Google広告ヘルプー住所表示オプションとは?

来店率を測ることができる

ホテル、自動車販売店、レストラン、小売店など、実店舗への来店を重視するビジネスでは、来店コンバージョンのトラッキングを使用すると、広告が来店促進にどれだけ貢献しているかを把握することができます。

MEO対策において、Googleマイビジネスが来店に影響しているのかなかなか計測が取れない、見えない部分ではありますが可視化することが可能です。

下記の一定の条件を満たした一部のアカウントのみですが、来店コンバージョンを計測することも可能です。

  • 利用可能な国に複数の実店舗がある
  • 広告のクリック数や実店舗への来店が多い
  • Google マイビジネスとGoogle 広告を連携している
  • Google マイビジネスで各店舗のビジネス情報を登録している

参考:  Google 広告 ヘルプ –来店コンバージョンについて

店舗位置を利用した配信で自店舗のエリアにあった顧客を獲得

リスティング広告を出稿した際に、広告と一緒に住所や地図などを表示できるようになります。

Googleマイビジネスの登録されている住所の最寄の商圏エリアのユーザーに対して、広告を表示させ、距離に応じて入札単価の調整が可能になります。

Googleマイビジネスとリスティング広告の設定方法

次に設定手順について説明します。

ローカル検索広告を行うには、下記2つの設定が必要となります。

・Googleマイビジネス

・Google広告アカウント

Google広告アカウントの登録方法については以下よりご確認ください。

参照:Google 広告ヘルプ-Google 広告アカウントを作成する: ご登録方法

1.Googleマイビジネスの登録

Google広告との連携にあたってはGoogleマイビジネスの登録が必要です。

Google広告との連携自体は、ビジネスオーナー認証ができていなくても、一部の機能は活用が可能です。

しかしオーナー認証を行うことで、Googleマイビジネスの情報を管理・更新を行うことが可能となり、結果的にGoogle広告の効果を高めることが可能となりますのでオーナー認証を行うことを推奨します。

Googleマイビジネスの登録に関しては、以下記事で詳しく解説しています。

参照:Google マイビジネス ヘルプビジネス情報を登録して確認する

2.オーナー認証の確認

次にビジネスオーナー認証が行えているかを確認しましょう。前述した来店コンバージョンの計測に関しては、Googleマイビジネスのオーナー認証が必要となります。

Googleマイビジネスのオーナー認証の流れは以下をご参照ください。

参照:Local engine ≪Googleマイビジネス≫オーナー確認マニュアル

3.住所表示オプションを設定する

Google マイビジネスへの登録が完了したら、Google 広告の管理画面で住所表示オプションを設定します。

住所表示オプションは、Google広告の広告表示オプションです。Google広告の管理画面から、住所表示オプションを設定し、Googleマイビジネスを連携させることが可能となります。

詳細は以下の記事をご参照ください。

手順としてはGoogle広告を開き、左側のメニューで[広告と広告表示オプション]を選択し、ページ上部の[広告表示オプション]をクリックします。[+]ボタンをクリックし、[住所表示オプション]を選択します。

広告表示オプション手順説明

 

Google 広告 アカウントとGoogle マイビジネスのアカウントが同じ方(インハウスで運用されている方など)は赤枠に選択しましょう。

アカウントが異なる方(代理店で運用されている方など)は緑枠を選択し、リクエストの申請を行う必要があります。

つまり、一つの広告アカウントに広告を出稿したい店舗のGoogleマイビジネス情報を紐付けて置く必要があるため、注意が必要です。

Googleマイビジネス連携アカウント選択画面

これでGoogle 広告とGoogle マイビジネスの連携は完了です。

4.ローカル検索キーワードでの広告出稿を行う

Google検索広告出稿時に、Googleマイビジネスの登録と住所表示オプションが追加されていれば自動で広告が掲載されます。

Googleマイビジネスの情報が広告表示をされるのは、店舗情報を調べるためのキーワードが対象となります。

現在検索広告を行っている場合は、ユーザーが店舗情報を調べる際に利用する可能性が高いビジネス拠点名の情報や、地域の掛け合わせキーワードなどが、出稿している検索キーワードに含まれるかを確認し、必要に応じて追加を行いましょう。

以下のような想定されるキーワードを探して追加しましょう。

キーワード例)

「近くの 美容室」、「○○市 美容院」

住所表示オプション設定のコツ

住所表示オプションで広告に追加する情報は、Google マイビジネスに登録する「ビジネス名」や「ラベル」を条件とし、フィルタリングも可能です。「ラベル」は、OR条件で最大3個の要素を組み合わせることもできます。

参照:Google 広告 ヘルプ-住所表示オプションで使用する住所を絞り込む 

より柔軟にフィルタリングして店舗をグループ分けする場合には、ビジネスの名前よりも自由度の高い「ラベル」を利用するのがよいでしょう。固有のラベルを最大10個まで割り当てることができます。

例えば、「新規オープン」や「1日の訪問者数○○人以上」「1日の訪問者数○○人未満」など、状況によって変動していく情報などを入れておくと、ラベルの情報を更新すればその後の変化にも対応ができます。

Googleマイビジネスでの広告出稿の注意点

最後に広告出稿においてのよくある注意点をご案内します。

Googleマップだけの広告配信は実施できない

ローカル検索広告でよくある間違いとして、Googleマップ上のみで広告を出稿できると勘違いしている人がいます。

結論として、Googleマップ上のみの広告出稿はできません。

Googleマイビジネスと連携した広告配信は、独自の広告メニューが存在しているわけではなく、通常のリスティング広告に対して住所表示オプションを設定することで可能となります。

住所表示オプションは、広告表示オプションといわれる、通常のリスティング広告の効果を高めるために設定するオプションメニューとなります。

そのため、ローカル検索広告を出稿する場合は、通常のリスティング広告の配信が必須です。

また、予算の設定なども独自に設定できるわけではないため、あくまで従来の広告のオプションであることを認識し、取り組んでいく必要があります。

Googleマイビジネス管理画面では効果を確認できない

Google広告でGoogleマイビジネスと連携した広告の成果を計測するためには、Google広告のレポート設定が必要となります。

効果を計測するためには、Google広告で該当のキャンペーンや広告グループを選択し、クリックタイプごとの実績から、Googleマイビジネスと広告を連携したことにより掲載される広告の数値を確認することが必要です。

Google広告の管理画面にアクセスし、レポートで「クリックタイプ」を選択し、数値を計測しましょう。

まとめ

GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携することで、ユーザーが店舗情報を収集しているタイミングでの広告掲載を行うことが可能となりますので露出度は高まり発見されやすさも出てくるでしょう。

ですが、Googleマイビジネスという無料ツールに対して、有料広告を打ち出すことでコストも発生しますので、場所やキーワードはよく吟味して広告を出稿しましょう

また実施のハードルは高くないかもしれませんが、広告出稿で上位表示したとしてもマイビジネス自体の情報が整えていなかったら離脱してしまいますので広告出稿とマイビジネスの充実のいずれも対応していきましょう。