ローカルパックの独占表示結果はローカルSEO対策によって変化するのか?

Googleで「地域名×サービス名」で検索した際にGoogleMapsが検索結果に数店舗表示されることは、既に皆さんご存知かと思います。

しかし、時折その検索結果が1店舗しか表示されないという経験をされたことはないでしょうか。「自分の店舗もその地域にあるのに表示されない!」という思いを抱く店舗事業主様も少なくないでしょう。

本記事では、そのようなローカルパックが独占表示されている状況がローカルSEO(MEO)対策によって変化するのかについて事例を用いてご紹介いたします。

調査対象

今回の記事でご紹介させていただく調査対象は下記の通りです。

調査対象
  • 所在地域:沖縄
  • 独占キーワード:「沖縄車両輸送」
  • 順位取得地域:那覇市
  • 対策開始時期:7月中旬

 

ローカルSEO対策を行う前は「沖縄車両輸送」で検索すると検索結果はGoogleMapsが独占表示されている状況でした。※下記画像参考

独占表示

施策結果

施策から4ヶ月程で独占表示状態からローカルパックに対策店舗を表示させることに成功いたしました!

沖縄車両輸送

では、どのような対策を行ったことでローカルパックに表示させることができたのか、これから紹介していきます。
※全ての店舗・地域・キーワードに共通するとは限りません。あくまで一例です。

対策内容

ローカルパックに表示させるために行った対策内容は下記の通りです。

対策内容
  • Googleマイビジネスの内部最適化
  • Googleマイビジネスの情報更新(写真・投稿など)
  • サイテーションの増加

  • クチコミを地道に集める(店舗事業主様自身で)

上記の対策内容の通り、特別なことは行っていません。

但し、当社が特に意識したポイントは「競合比較」「Googleマイビジネスの閲覧数増加」です。

競合比較とは

競合比較とはその名の通り、対策店舗とその対策店舗よりも検索結果に上位表示されている店舗を徹底的に比較することです。

当社では、下記のような競合比較シートを用いて対策の指針を立て、対策を進めています。
※一部のみ公開

改善指示書サンプル

「Googleマイビジネスの内部最適化」というと抽象的であるため、競合店舗と対象店舗を比較し、どの部分が・どのくらい足りないかを徹底的に分析を行いました。

上位表示希望キーワードが変われば競合も変わるため、対策内容は一概に同じではございません。

特に対策のボリューム(量)は競合店舗状況に左右されるため、当社は競合比較を徹底して行います

Googleマイビジネスの閲覧数増加とは

当社は独占表示されている結果からGoogleの意図を考え、「沖縄車両輸送」の1キーワードでは最適な店舗が1店舗のみとGoogleから判断されているのではないかと想定しました。

そのため、関連するキーワードでも検索結果に表示されるように競合比較は勿論、Googleマイビジネスの情報更新(写真・投稿など)を行いました。

「写真」・「投稿」は閲覧数を増加させる唯一のGoogleマイビジネスから意図的に情報を更新・発信していける部分です。

独占されているキーワードのみで最適化を行うのではなく関連キーワードも対策することで、Googleマイビジネスそのものの閲覧数を伸ばし、ユーザーから必要されている状態にすることを意識しました。

クチコミを集めた効果とは?

効果は検索結果画面に月間で表示される回数が123%向上という結果が出ました。

クチコミを集めた効果のみというわけではないですが、間接的に効果を与えることができたと想定されます。

インサイトデータ(検索結果画面)

まとめ

ローカルパックの検索結果が変わるまでの対策内容及びその効果をご紹介させていただきました。今回注目して頂きたいことは結果ではなく過程となる対策内容です。

投稿を行う回数は競合と比較できていますか?写真の枚数は競合よりも多いですか?

あらためて競合と自店舗のGoogleマイビジネスを比較して対策を行ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事