デジタルインファクト調べによるとMEO市場は2021年現在の117億円から2025年には202億円と大きく成長することが予測されています。

スマートフォンの普及やGoogle Maps利用ユーザーの増加に伴い、Googleマイビジネスの活用は店舗・施設を運営する事業主様にとっては重要なチャネルの1つに変化してきています。

MEO対策に力を入れる中、日々のMEO対策運用の順位計測や効果測定、運用の効率化に課題を感じている店舗責任者の方も多いのではないでしょうか。その課題を解決するためにMEOツールの導入を検討している方も日に日に増えてきております。

本記事では、国内の主要MEOツール7選を比較していますのでMEOツール選定の参考にして頂けますと幸いです。

MEOツールとは

MEOツールとは、ローカルパック・Google Maps検索でのランキング計測やアクション(電話・経路案内・Webサイト)数を可視化する管理・分析ツールです。

Google検索エンジンの仕様変更やGoogle Maps利用ユーザーの増加に伴い、ローカルビジネスの集客ツールとしてGoogleマイビジネスの活用が重要になってきています。

Googleマイビジネス自体は無料ではじめることのできるサービスですが、情報の更新・発信や日々の順位計測など地道な作業も多く、運用を進めていく中で『手間』が多いのも事実です。

今回は、このようなMEO運用におけるデータ分析・効率化を行うためのツールを紹介していきます。

MEOツール導入のメリット・デメリット

MEOツールを導入することにより、下記のようなメリットがあります。

MEOツール導入のメリット
  • 検索キーワードの自動順位取得が可能
  • 遠方でも現地の検索住所で順位計測可能
  • 時間別の順位計測が可能
  • 競合となるGoogleマイビジネスの順位計測が可能
  • 過去最大2年間分のインサイトデータ確認可能
  • メモ機能や投稿予約などの運用効率化
  • 改ざん防止などブランドイメージの毀損リスク軽減

MEOツールを導入することにより、Googleマイビジネスの管理画面では確認できないような分析・運用の効率化を行うことが可能です。Googleマイビジネス管理画面では日々の順位計測は確認できないですし、投稿の予約をすることも出来ないです。

このような運用における重要な効果測定から運用効率化までを行うことができる点がMEOツールを導入する最大のメリットです。

MEOツール導入のデメリット

 
・利用料金がかかる
MEOツール導入のデメリットはほぼないというのが回答になりますが、強いてデメリットがあるとすると利用に費用がかかるということです。MEOツールを使いこなせないとコストデメリットが発生してしまいますので、まずは「無料利用」や「無料トライアル」を行い、実際に目的とする機能を満たしているのか、使いやすさなどを確認することをお勧めします。

MEOツールの活用シーン

MEOツールの活用方法はいくつかあります。

MEOツールの活用シーン
  1. Googleマイビジネス運用をもっと効率化したい
  2. 自店舗の順位だけではなく競合順位も把握したい
  3. 正しい検索住所での順位を見たい
  4. 社内報告用にレポート業務を効率化したい

1.Googleマイビジネス運用をもっと効率化したい

Googleマイビジネス運用はシンプルでありながらも「やることが多い」のが実情です。

日々の投稿やクチコミへの返信作業、写真のアップロードや営業時間の変更、情報修正など、意外と工数を圧迫します。このようなGoogleマイビジネス運用の効率化をするためにMEOツールを活用することができます。

2.自店舗の順位だけではなく競合順位も把握したい

自店舗の順位把握にも勿論活用できますが、競合店の順位まで確認したい場合にもMEOツールを活用できます。

MEOツールによって競合順位まで確認できるかは変わってきますが、競合順位まで把握することにより、競合店との違いを確認することが可能です。

3.正しい検索住所での順位を見たい

MEO順位は検索する地点によっても変わります。

正しい順位確認を行うには正しい地点での検索を再現する必要があります。この正しい地点・検索結果を再現することにMEOツールを活用いただけます。

4.社内報告用にレポート業務を効率化したい

社内報告にMEOの効果を伝えるのにレポートを作成する場合もあると思います。

このようなレポート作成もMEOツールを活用すれば簡単にレポート作成することが可能です。

MEOツール選定のポイント4つ

MEOツールを選定する際に重要なポイントは4つあります。

MEOツール選定に重要な4つのポイント
  • 費用対効果
  • 機能面
  • サポート体制
  • ポリシーの準拠
これらの条件を満たしているかが選定の重要なポイントとなります。

費用対効果

MEOツールにあたって費用対効果も意識するべきです。高機能のツールを選んだが費用が高い、しかし機能は使い切れていないといった費用対効果のバランスが取れないケースは避けるべきです。

しかし。料金形態だけで利用するかどうかは判断がつかないものです。そこで無料トライアル期間のあるツールで利便性を確かめてみるのもお勧めです。無料期間に自店舗と相性のよいツールをいくつか試してみるとよいでしょう。

機能面

求める機能があるかを確認しましょう。課題を解決する機能があるかは重要です。実際に使ってみたけど求める機能がなかったというのは避けたいポイントですので無料トライアルなどで要件を満たす機能があるか確認するようにしましょう。

サポート体制

簡易的な機能であれば少し使えば使えるようになりますが、利用する機能が複雑な場合や高度な分析を挟む場合はカスタマーサクセス・サポートチームがフォローしてくれるかなど、ツールのフォロー体制も確認すると良いでしょう。

ポリシー準拠

Google My Business APIのポリシー、開発のポリシーを守ったツールかも確認しましょう。例えば、基本情報への情報改竄を自動で修正する機能はAPIポリシー違反の対象になり得る可能性が高くあります。最悪な場合、管理するアカウントに影響するなどもありますので必ず確認するようにしましょう。

MEO(ローカルSEO)ツールの比較

以下の表に、日本国内で現在導入可能なMEO(ローカルSEO)ツールベンダー7社の機能比較をしています。

MEOツール比較

MEO(ローカルSEO)ツール比較まとめ

MEO(ローカルSEO)ツールといっても、ベンダーによって機能や対応エリアが異なります。

順位の計測だけで事足りるのか、インサイトデータやレビュー分析も必要なのかなど、使いたい機能・必要な機能を見極めることが大切です。例えば、Gyro-n MEOやMEO trackerは順位計測を行えますがレビュー分析までは対応していません。また、ツールベンダーによっては順位取得の方法が違います。

また、『誰』目線で開発されたツールなのかも重要です。店舗やクリニックなどのローカルビジネスオーナー様が使いやすいような設計になっているのか、それとも玄人向けになっているのかなど。。。このような観点で使いやすいツールを選定することが大切です。

MEOチェキの強み

国内のMEO(ローカルSEO)ツールはいくつかありますが、当社の「MEOチェキ」はローカルSEO(MEO)提供会社が開発したツールです。

お客様や代理店様が求める機能を研究し、ローカルSEOを運用していく上で必要となる機能をアップデートし続けています。

『ローカルSEO(MEO)をもっと簡単に効率良く』を掲げ、今後も様々なアップデートを行います。2020年現在はGoogleマイビジネスがローカルSEO(MEO)の主流ですが、Yahoo!プレイスの台頭により今後はYahoo!Mapの対策も必要になってくると思います。

例えば、2020年3月現在、本記事で紹介しているツールベンダーの中でYahoo!Mapの順位計測に対応しているのは『MEOチェキ』のみです。当社はこのように最新情報やプラットフォーム側のアップデートをいち早くキャッチアップし、ツール自体のアップデートを繰り返しています。

MEO(ローカルSEO)ツールを比較検討している方は、本記事のツール比較資料を下記から無料でダウンロード頂けますのでご覧ください。

MEO(ローカルSEO)ツール比較資料ダウンロード