MEO(ローカルSEO)ツールとは

MEO(ローカルSEO)ツールとは、ローカルパック・Google Maps検索でのランキング計測やアクション(電話・経路案内・Webサイト)数を可視化する分析ツールです。

Google検索エンジンの仕様変更やGoogle Maps利用ユーザーの増加に伴い、ローカルビジネスの集客ツールとしてGoogleマイビジネスの活用が重要になってきています。

Googleマイビジネス自体は無料ではじめることのできるサービスですが、情報の更新・発信や日々の順位計測など地道な作業も多く、運用を進めていく中で『手間』が多いのも事実です。

今回は、このようなローカルSEO(MEO)運用におけるデータ分析・効率化を行うためのツールを紹介していきます。

MEO(ローカルSEO)ツールのメリット

MEO(ローカルSEO)ツールを利用することは、下記のようなメリットがあります。

  • 登録キーワードの自動順位取得
  • 遠方でも現地の検索住所で順位計測可能
  • 順位取得時間の設定
  • 競合となるGoogleマイビジネスの順位計測
  • 過去最大2年間分のインサイトデータ確認可能
  • メモ機能や投稿予約などの運用効率化

順位計測や効果測定、運用の効率化を行うことができ、ローカルSEO(MEO)運用のPDCAサイクルを回しやすくなります。

MEO(ローカルSEO)ツールを利用する目的

MEO(ローカルSEO)ツールを利用する目的もいくつかあると思います。

  • Googleマイビジネス運用をもっと効率化したい
  • 自店舗の順位だけではなく競合順位も把握したい
  • 正しい検索住所での順位を見たい
  • 社内報告用にレポート業務を効率化したい
  • クライアントワークにOEMで使えるツールが欲しい

など様々な目的があると思います。目的に合わせた最適なツールを選定されることをお勧めいたします。

MEO(ローカルSEO)ツールの比較

以下の表に、日本国内で現在導入可能なMEO(ローカルSEO)ツールベンダー5社の機能比較をしています。

MEO(ローカルSEO)ツール比較まとめ

MEO(ローカルSEO)ツールといっても、ベンダーによって機能や対応エリアが異なります。

順位の計測だけで事足りるのか、インサイトデータやレビュー分析も必要なのかなど、使いたい機能・必要な機能を見極めることが大切です。例えば、Gyro-n MEOやMEO trackerは順位計測を行えますがレビュー分析までは対応していません。また、ツールベンダーによっては順位取得の方法が違います。

また、『誰』目線で開発されたツールなのかも重要です。店舗やクリニックなどのローカルビジネスオーナー様が使いやすいような設計になっているのか、それとも玄人向けになっているのかなど。。。このような観点で使いやすいツールを選定することが大切です。

MEOチェキの強み

国内のMEO(ローカルSEO)ツールはいくつかありますが、当社の「MEOチェキ」はローカルSEO(MEO)提供会社が開発したツールです。

お客様や代理店様が求める機能を研究し、ローカルSEOを運用していく上で必要となる機能をアップデートし続けています。

『ローカルSEO(MEO)をもっと簡単に効率良く』を掲げ、今後も様々なアップデートを行います。2020年現在はGoogleマイビジネスがローカルSEO(MEO)の主流ですが、Yahoo!プレイスの台頭により今後はYahoo!Mapの対策も必要になってくると思います。

例えば、2020年3月現在、本記事で紹介しているツールベンダーの中でYahoo!Mapの順位計測に対応しているのは『MEOチェキ』のみです。当社はこのように最新情報やプラットフォーム側のアップデートをいち早くキャッチアップし、ツール自体のアップデートを繰り返しています。

MEO(ローカルSEO)ツールを比較検討している方は、本記事のツール比較資料を下記から無料でダウンロード頂けますのでご覧ください。

MEO(ローカルSEO)ツール比較資料ダウンロード