MEO(ローカルSEO)のキーワードは検索数だけで決めちゃダメ⁇本当に見るべきポイントとは⁇

ローカルビジネスの集客ツールとして必要不可欠なGoogleマイビジネス。無料で利用できるツールではありますが、内部情報の充実や投稿、口コミの返信、傾向分析とやることが多く、外部のMEO会社に運用を委託しているケースも多くあります。

その際、上位表示を狙うキーワードを決めると思いますが、検索数だけでキーワードを決めていないでしょうか。

今回は、MEO(ローカルSEO)のキーワードを決める際に見るべきポイントを解説していきます。

対象の地域名キーワードの検索地点を調べる

例えば、「池袋」とMap検索を行うと、下記赤枠内が「池袋」としてGoogleは認識しています。

対象となる地域名キーワードが、どこを検索地点としてGoogleが捉えているのかを理解するのは非常に重要です。

上記のケースから「池袋 マッサージ」と検索すると、下記の検索結果となります。

検索地点近郊のマッサージ店が優先的に上位表示され、池袋東口にあるマッサージ店は表示されない地点となっています。

しかし、「池袋駅 マッサージ」と検索すると下記の検索結果となります。

「池袋駅 マッサージ」の場合は、検索地点が「池袋駅」になりますので、池袋駅に近いマッサージ店が優先的に表示されるようになっています。

上記2つのキーワードの場合、検索地点が変わっている以外にも検索結果の縮尺は変わっています。

このような場合、池袋東口にある店舗が「池袋 マッサージ」で上位表示を狙うのは難易度が高いと想定されます。そのため、対象となる地域名の検索中心地点がどこなのかをキーワードを決める前に確認することが大切です。

ちなみに「豊島区」の検索IPで「マッサージ」単体で検索すると下記の検索結果となります。

一見、「マッサージ」単体で対策することは難しいと考えがちですが、上記のような場合、池袋東口にある店舗は「池袋 マッサージ」で対策するより、「マッサージ」単体で対策を行った方が集客増加の可能性が高いと考えられます。

このようなことから、検索数だけではなく、検索地点の中心を確認することをおすすめいたします。

Googleインサイトの検索クエリを確認する

Googleマイビジネス管理画面の「インサイト」内で検索クエリを確認することが可能です。

Googleマイビジネスを管理していれば見ることができますので、MEO(ローカルSEO)のキーワードを決める際に確認するようにしましょう。

検索クエリを参考にすることにより、ユーザー行動に繋がるキーワードの発見に繋がる場合もあります。

検索数も見るべき?

MEO(ローカルSEO)を行う上で、各キーワードの検索数も確認は勿論するべきです。

検索数がないということは、検索されていないキーワードとなりますので、上位に表示されても集客に繋がる可能性が低くなります。

ただ、検索数だけで決めてしまうと、上位表示の難易度は高くなりますし、検索地点とのミスマッチも起こり得ます。難しいポイントではありますが、両方のポイントを確認した上でキーワードを決めるようにしましょう。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

MEO(ローカルSEO)においては、キーワードの戦略を行うことなく、検索数だけでキーワードを選びがちですが、検索地点の確認やインサイトの検索クエリを参考にし、対策するべきキーワードを発見するようにしましょう。