Yahoo!ロコが店舗・施設の衛生対策に関する情報を掲載開始!

Googleマイビジネスに昨今注目を集める中、Yahoo!も『Yahoo!プレイス』という新サービスを2019年12月にリリースし、Yahooロコに力を入れています。

そこで、本記事ではコロナウイルスの対策としてYahoo!JAPANがリリースしたYahoo!ロコの新機能『衛星情報の掲載』についてご紹介させて頂きます。

Yahoo!ロコができること

Yahoo!ロコとは、Yahoo! JAPANの地図・地域情報サイトです。Yahooロコができることは、大きく4つあります。

地域情報を探すことができる

Yahoo!ロコ

『キーワード検索』・『ジャンル検索』の検索機能を使い、地域のお店や施設の情報、イベント情報などを探すことができます。扱うジャンルは、グルメ、ショッピング、レジャー、エンタメ、暮らし、生活と、多岐にわたって展開しています。

お店や施設を登録することができる

Yahoo!ロコ_スポット登録

自分が気になる店舗や施設を登録することができます。いわゆるお気に入り登録に近いかたちです。

登録をすることで、いつでも簡単に登録店舗を参照することができるため、検索する手間が省けることがメリットとしてあります。

クチコミや写真を投稿することができる

Yahoo!ロコ_クチコミ投稿

実際に店舗へ行ったユーザーが、店舗に対するクチコミ投稿や写真の投稿を行うことができ、店舗側はその内容を確認することができます。

クチコミの点数は5段階評価の5点満点となっており、『サービス』、『雰囲気』、『コストパフォーマンス』、『アクセス』の項目で評価をつけることが可能です。

勿論、上記の評価に加えてテキストでの感想を投稿することも可能です。

Googleと同様に、クチコミ投稿にはYahooのアカウント登録をしていることが前提となります。

クーポンを受け取ることができる

Yahoo!プレイス_クーポン

引用元:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-aOa-WzcGaBY/coupon/

クーポンを利用できる店舗は業種によって異なりますが、クーポンを利用できるお店では、お得な特典を受けることが可能です。

仕様手段としては、『クーポン画面を印刷して利用』、『モバイル端末で表示して利用』の大きく2パターンがあります。

衛生対策に関する情報の掲載とは

衛生対策に関する情報

引用元:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-5rK97QQJH2-/?prop=search&ei=utf-8&q=&p=%E7%AC%91%E7%AC%91&utm_source=dd_iplocal&sc_e=sydd_ipbrnd_l_p_ttl&lsbe=1

Yahoo!は2020年4月27日より、店舗・施設に関する衛生対策の情報発信を行うことができる機能をリリースしました。

外出自粛宣言がされている中、店舗に行くことが少なくなってきているとは思いますが、仮にお店に行く場合とすると、店舗の衛星状況はユーザーも気になっている点かと思われます。

そこで、本機能を利用することで店舗様側は、消毒液が設置されているか、喚起が十分にされる環境であるのか、来店時はマスク着用を義務化しているのかなど、施している衛生対策情報を発信することが可能です。

衛生対策の情報発信は、『Yahoo!プレイス』から投稿内容の編集が可能となっております。そのため、Yahoo!プレイスの登録を行っていない店舗様は、情報の編集及び発信ができないため、登録を行うことをお勧めいたします。

Yahooプレイスに関する情報はこちらから確認が可能です。

店舗・施設の衛生対策情報の表示について

店舗・施設が入力、編集した衛生対策の実施状況を「Yahoo!ロコ」で表示します。
※スマートフォンでの表示となります。

「Yahoo!ロコ」の店舗施設情報に、下記の衛星項目を掲載することができ、ユーザーはその項目を確認することができます。

<衛生対策の項目>

  • 施設内や入り口に消毒液を設置
  • 施設内の清掃、消毒を徹底
  • 施設内の換気を実施
  • 施設内に空気清浄機を設置
  • 従業員の手洗い、うがいを徹底
  • 従業員のマスク着用を義務化
  • 従業員の検温、体調報告を義務化
  • 客席の間隔を空けてお客様を案内
  • 来客上限数の設定、入店制限を実施

引用元:https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2020/04/27b/

まとめ

簡単ではありましたが、Yahoo!ロコのコロナウイルス対策に対する新機能『衛生対策の情報発信』についてご紹介させて頂きました。

Google Mapsだけでなく、Yahoo!ロコも活用・更新を行い、ユーザーからの機会損失が起こらないように情報発信を定期的に行っていくことをお勧めいたします。