おすすめ記事
【簡単!】Googleマイビジネスのメニューとサービスを登録する方法とは?

【簡単!】Googleマイビジネスのメニューとサービスを登録する方法とは?

お客様にご来店いただいてサービス提供している店舗・施設では、独自のメニューを用意していることがほとんどだと思います。例えば、美容室であれば「カット」や「パーマ」、歯科医院であれば「虫歯治療」や「インプラント」など、いくつかの商品やサービスを展開されているのではないでしょうか。

これらの「メニュー」や「サービス」といった情報は、Googleマップに表示されるGoogleマイビジネスでも発信することが可能です。

Googleマイビジネスの「メニュー」「サービス」機能について

店舗や施設・企業の情報を発信できるGoogleマイビジネスには、取り扱っている商品を表示できる「メニュー」「サービス」という機能があります。

「メニュー」「サービス」はスマートフォンまたはタブレットで閲覧したときのみ表示され、Googleマイビジネスのカテゴリによってどちらか一方が表示されます。

現在は飲食店は「メニュー」、クリニック・美容室・ジムなどその他の業種は「サービス」と名称が分けられているようです。

また、企業のオフィスやホテルなど一部の業種では表記されず利用できないこともあります。

「メニュー」「サービス」のいずれも、商品名・価格・説明文を載せることができます。

タブの中には複数のセクションを作ることができますので、「メイン」「サイドメニュー」「ドリンク」など種類で分けていただいたり、「おすすめ商品」など特に見てほしい商品をピックアップしたりすることも可能です。

商品の写真だけでなく、メニュー表そのものの写真も掲載が可能です。また、「人気の料理」欄にはユーザーが投稿した写真やクチコミが掲載されます。

ホームページやポータルサイトに掲載しているメニューやサービス一覧のページに誘導することもでき、「メニュー」「サービス」はこれらの情報を集約できる場となっています。

「メニュー」「サービス」を活用するメリット

「メニュー」や「サービス」の情報を充実させておくと、Googleマップでお店探しをしているユーザーはわざわざホームページを見なくてもどんな商品やサービスがあるか知ることができます。

そのため、ユーザーが欲しい情報と合致していれば来店促進が叶いますし、情報量が多いほうが競合店舗と比較検討されたときに有利になりやすいメリットがあります。

Googleマップからの集客を最大化し、売上に繋げていくために「メニュー」「サービス」を充実させることは大切なのです。

Googleマイビジネス「メニュー」「サービス」を設定する方法

では、Googleマイビジネスの「メニュー」「サービス」はどのように設定すれば良いのでしょうか。

その方法をご紹介していきます。

手順① 設定画面にアクセスする

Googleマイビジネスの管理画面にログインします。

左上にあるメニューバーを開くと、[メニュー]または[サービス]が表示されますので、選択します。

 

手順② メニューとサービスを追加する

メニューの追加

まずは[メニューセクションを追加]で、メニュータブ内に表示される項目名を作ります。セクション名は最大140文字までとなっています。

[セクション名]が決まったら、アイテム(商品)を追加していけるようになります。テキストはアイテム名が最大140文字、アイテムの説明が最大1,000文字までとなっています。

  1. アイテム名(商品やサービスの名前)
  2. アイテムの価格
  3. アイテムの説明

 

価格と説明は必須項目ではないため、商品が多い店舗などはアイテム名だけどんどん追加していっても良いでしょう。

内容が記載できたら、[追加]をクリックすると登録が完了してマイビジネスに反映されます。

説明文を書くときには、具体的な言葉でこだわっているポイントが伝わるように書くと、よりお客様の興味や関心を引きやすいです。

また、コース料理や飲み放題などはどんな品物が出てくるのかを詳しく記載しておくと、パッと見たときにもわかりやすいです。

サービスの追加

メニューでいうところのセクションは、[別の業種を追加]から行うことができます。メニューセクションと異なり、カテゴリはGoogleマイビジネス規定のカテゴリから選べる仕組みです。また、業種を追加してもサービスが追加されていなければGoogleマイビジネスの「サービス」欄には表示されません。

追加したカテゴリには、[他のサービスを追加]からサービスの登録ができます。[カスタムのサービスを追加]をクリックし、サービス名を入力します。テキストは最大120文字までです。

サービスが登録できたら、さらに[サービス料金][配送サービスの説明]を入力することも可能です。名称は配送となっていますが、店舗で提供しているサービスでも問題ないのでご安心ください。

手順③ 追加したメニューとサービスを編集する

メニューの編集

商品を登録した後は、必要に応じて編集・並び替え・削除が可能です。

編集する場合は、アイテム名をクリックすればすぐに編集画面に入ることができます。名前や価格の変更、説明文の修正が必要な場合はここから対応します。

並び替えと削除をする場合は、各アイテムの右端にあるメニューバーをクリックします。

順番の並び替えは[一番上に移動][上に移動][下に移動][一番下に移動]ボタンを使って、希望の順番になるよう調整します。

中間に商品を追加したい場合は、追加したい位置の一つ上か下のアイテムをクリックし、[アイテムを上に追加]または[アイテムを下に追加]を選んで追加します。

商品を削除する場合は[アイテムを削除]ボタンで削除します。

サービスの編集

編集する場合は、サービス名をクリックすればすぐに編集画面に入ることができます。名前や価格の変更、説明文の修正が必要な場合はここから対応します。

削除をする場合は、[サービスの詳細を編集]画面の[サービスを削除]から可能です。業種ごと削除する場合は、業種名の右側にある[削除]ボタンから行います。

メニューと異なり、並び替えはできないため順番を変えたい場合は登録をし直す必要があります。

「メニュー」「サービス」の活用例とその効果

機能の使い方がわかった後は、どのように活用していけば良いか・活用したときの効果はどれくらいかが気になる方も多いと思います。

実際に「メニュー」と「サービス」を活用してローカルSEO(MEO)集客に取り組んでいる店舗様の事例をお見せします。

▼メニュー

東京都内にあるイタリアンレストランの事例です。

メニュー情報が充実しているため、コロナ禍においても電話・経路案内・ウェブサイトのクリック数を大幅に下げることなくキープできています。

この店舗はテイクアウトメニューも取り扱っているため、メニュータブの中に「テイクアウト」の項目を作って持ち帰りOKの商品を掲載することにしました。このことから、店内を利用しないお客様にも訴求できています。テイクアウトやデリバリーの取り扱いがある店舗様は、Googleマイビジネスでも情報発信をしておくと良いでしょう。

 

▼サービス

11月からGoogleマイビジネスの運用を始めた、パーソナルジムの事例です。

これまで「サービス」機能を使用していませんでしたが、ジムで提供しているサービス内容を記載したところインサイトの数値が大きく増加しました。

インサイトの他に検索順位も上昇傾向にあり、検索数や検索表示回数も増えていることからGoogleマイビジネスの内部対策としても有効であることが伺えます。

 

「メニュー」「サービス」を利用するときの注意点

「メニュー」や「サービス」は便利な機能ですが、商品や価格に変更があったときには随時更新が必要です。

  • 誤った情報が掲載されている
  • 情報が古くなっている
  • ホームページやポータルサイトの内容と違う

といった状態になっているとお客様の混乱を招きますし、「この商品が欲しかったのに置いていなかった」といった機会損失・店舗のマイナスイメージにもなりかねません。

記載内容や写真は常に最新になっているかチェックし、顧客満足度を高める対策をしていくことが大切です。

まとめ

「メニュー」「サービス」は店舗でどのような商品を提供しているか情報発信することができ、顧客への訴求力を高めることができる便利な機能です。

加えて、Googleマイビジネスの内部対策としても効果が期待できるためローカルSEO(MEO)の施策としても有効活用することができます。

登録がまだ済んでいない方はこの記事で紹介している手順を参考にメニューやサービスの追加を行っていただき、すでに取り組んでいる方は見せ方や更新にも積極的に取り組んでいきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事