MEO対策をこれから始める方必見!Googleマイビジネスの登録方法!

ローカルビジネスを行う企業様・事業主様で、検索エンジンからの集客増加を求め、検索連動型広告(リスティング広告)やSEO対策を取り組まれている方も多いと思います。

勿論、検索連動型広告(リスティング広告)やSEO対策もローカルビジネスに効果的なWeb集客施策ですが、検索連動型広告は年々、クリック単価の高騰により費用対効果を合わせづらくなってきていますし、SEO対策もアルゴリズムの複雑化により上位表示の難易度が上がってきています。

そこでローカルビジネスを展開する企業様・事業主様にオススメなのがMEO対策です。今回は、MEO対策をこれから始めようとしている方に向けて、「Googleマイビジネスの登録方法」を説明していきます。

Googleマイビジネスへの登録

MEO対策を行うには、Googleマイビジネスへの登録が必要になります。Googleマイビジネスは、簡単に説明すると企業のPRを行うページのことを指し、MEO対策で上位表示を目指すGoogle Mapと連携し、「地域×業種」のキーワード検索結果などに表示されます。

このGoogleマイビジネスに登録していなければ、Webサイトを持っていないのにSEO対策を行うといった、全く意味のないモノになってしまいます。ここからはGoogleマイビジネスへの登録方法を説明していきます。

Googleマイビジネスへの登録方法

Googleマイビジネスページに飛んで頂くと下記のページが表示されます。

次に右上にある「ご利用を開始」をクリックすると下記のページが開きます。

ここで企業名や事業名、店舗名を記載し、次へをクリックします。

次にビジネス所在地を記載します。ビジネス情報を記載した所在地へ、実際にGoogleから所在地を確認するPINコードの手紙が届くようになっていますので、郵便番号や住所など間違いないように記載して下さい。

次に実際に入力した住所がGoogle Map上の表示で間違いないかを確認します。問題なければ「次へ」をクリックします。

次にビジネスのタイプを記載します。ここは検索結果に表示されるGoogleマイビジネス上で、一目でどのようなビジネスを展開する企業なのかをユーザーに伝えられる部分になりますので、事業内容に近いビジネスタイプを記載するようにしましょう。

次に連絡先の記載となります。Googleマイビジネスでは、マイビジネス上から店舗(医院)までのルートやお問い合わせへの導線設計が施されています。また、Webサイトへの誘導も行えますので、ユーザーの信頼性を高めるためにも記載するようにしましょう。

次に最新情報の入手を選択できます。Googleからの情報となりますので、基本は「はい」にチェックを入れるようにしましょう。

次にGoogleマイビジネスの利用用途に関しての確認です。基本的にGoogeマイビジネスを活用する上で必要な内容となりますので、「続行」をクリックします。

最後に確認方法の選択です。手っ取り早いのは電話での確認方法ですが、ハガキで確認する方法もあります。PINコードを忘れてしまうのが恐いという方は、ハガキで郵送を選択した方がいいですし、逆に急ぎで登録を進めたい場合は、電話で確認するようにしましょう。

ここまでがMEO対策を行う上で必要なGoogleマイビジネスの登録方法です。

まとめ

Googleマイビジネスの登録は、Webサイトの制作ほど難しいモノではなく、簡単にできます。しかし、手順や方法を知らないと手こずってしまう方も多いと思います。是非、本記事を参考にGoogleマイビジネスの登録をしてみて下さい。

また、MEO対策の窓口を運営する株式会社トライハッチでは、Googleマイビジネスの登録から、対象キーワードでのMEO上位表示施策を成果報酬型でサポートさせて頂くことが可能です。MEO対策にご興味ある方は、下記からお問い合わせ下さい。

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。