MEO対策を行う上で知っておくべきヴェニスアップデートについて

検索集客に関わる人であれば、パンダアップデートやペンギンアップデートを多くの人が知っているアップデートですが、「ヴェニスアップデート」は馴染みがないという方も少なくないことでしょう。MEO対策を行う上で「ヴェニスアップデート」を正しく理解しないと順位測定で勘違いが起きます。

今回は、MEO対策で重要な「ヴェニスアップデート」について説明していきます。

ヴェニスアップデートとは?

ヴェニスアップデートとは、「ユーザーの位置情報を検索結果に組み込んだアルゴリズム」のことを指します。

詳しく説明すると、今までは高円寺に居て歯医者を探すときに「高円寺_歯医者」というキーワードで検索する必要がありましたが、ユーザーの位置情報がONになっていれば、「歯医者」だけでもユーザーが居る場所から近いオススメの歯医者を検索結果に表示してくれるアルゴリズムです。

※参考画像①:位置情報OFFの場合

※参考画像②:位置情報ONの場合

上記参考画像①・②のように位置情報がONになっているかどうかでGoogle Mapに表示される検索結果は変わります。また、2つの参考画像を見て頂くと分かりますが、ただ単純に位置が近い所が優先的に上位に上がるのではなく、レビューや基本情報などが充実している所を優先的に上位表示させるようになっています。

MEO対策には、「地域×業種」ワードで検索された際に上位表示する対策がメインですが、実際に商圏エリアで検索を行なっているユーザーにもアプローチが可能です。自店舗(医院)の方が近い距離にあるのに他店舗(医院)にユーザーを持って行かれてしまうのは、機会損失です。

MEO対策では、このように内部要因の充実と外部要因の獲得が非常に重要です。別に「地域×業種」ワードで上位表示しなくてもいいとGoogleマイビジネスの充実を蔑ろにしてしまうと、思わぬところで機会損失を被ることになります。

最後に

当社のMEO対策では、「地域×業種」キーワードの上位表示は勿論、ヴェニスアップデートにも対応したMEO対策を行わせて頂いています。成果報酬型で上位表示されるまでは月額費用が一切かからない契約体系でMEO対策をお任せ頂けますので、ご興味ある方は下記からお問い合わせ下さい!

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。