おすすめ記事
GoogleストリートビューはローカルSEO(MEO)対策に効果があるのか?

ローカルSEO(MEO)を実施されている方、Googleマイビジネスを充実化させたいと考えているビジネスオーナー様は、近年、非常に多くなってきています。

その中で、Googleストリートビューを撮影することは果たしてローカルSEO(MEO)に効果があるのか?という疑問を持たれている方は多いのではないでしょうか。

また、導入をした方が良いのは理解しているけど、どのような効果が見込めるのかという観点で足踏みをされている方も多いと思います。

今回は、そのような方のために、Googleストリートビューがもたらすメリットとデメリット、そして集客に期待できる効果という部分について、トライハッチが保有する10,000店以上のGoogleマイビジネスデータを参考に解説していきます。

屋内版Googleストリートビューが持つメリットとデメリット

皆さんもご存じの通り、Googleストリートビューとはお店の外観や内観を360度見渡せるコンテンツです。

下記図のように、Googleマイビジネスの「写真表示」部分をまずはクリックします。

その後、下図にある「ストリートビューと360度ビュー」を選択すると、店内全体を確認できるようになります。

この屋内版Googleストリートビューはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット①ブランドイメージの向上

Web上で店内にいるような臨場感を訴求できるため、一度も訪れたことのないユーザーに対して良いイメージを与えることができます。

また、事前にお店の雰囲気や内装をユーザーは知ることができるため、お店選びの比較検討に影響を与える可能性が高くあります。

メリット②来店率の向上

事前にオンライン上で店内・施設内を確認できるため、一度も来店したことがないユーザーにとっては「不安」が解消されます。

複数(他店)のマイビジネスも閲覧しているユーザーだった場合に、Googleストリートビューは他店との差別化を図るとこができます。

特に、訪日外国人にとっては異国の地という中で、より「不安」が多く、このような情報収集材料は欠かせないコンテンツとなります。

メリット③ローカルSEO(MEO)対策に繋がる

ただの写真ではなく、「動画」や「360度」等は、リッチコンテンツと呼ばれており、通常のコンテンツよりも高い評価を受ける対象になります。

そのため、基本的な運用ができており、一定の評価を受けているGoogleマイビジネスの場合は、このようなコンテンツが集客効果に対し、影響を与えることでしょう。

デメリット①逆にブランドイメージを下げる可能性もある

今流行りの「映える」という言葉があるように、「映えない」ような場所だったり、ユーザーに「行きたくない」と思わせるような店内の場合は逆に来店率を下げかねてしまう可能性があります。

デメリット②貢献度が測れない

Googleストリートビューのおかげでどれだけの集客効果が得られたのか、ということについては明確に測れるものでは御座いません。

そのため「費用対効果」が数値として可視化しにくい点はデメリットとして挙げられるでしょう。

屋内版ストリートビューの撮影・アップ方法は?

この見出しでは、自店舗のGoogleマイビジネスにインドアビュー画像を撮影・公開する方法を紹介。

今後、インドアビューの360°写真の導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スマホアプリを使って撮影が可能

『インドアビュー撮影代行』などの業者に依頼するとおよそ5〜10万円ほど費用がかかってしまいますが、スマホのGoogleストリートビューのアプリだと無料で360°の写真を撮影できます。

操作手順

AppStoreまたはGooglePlayからGoogleストリートビューのアプリをインストール後

アプリ内でログイン

『360°写真』を選択

最後に『作成』をタップし、ガイドに沿って室内を撮影しましょう。

撮影した画像はGoogleマイビジネスの管理画面からアップが可能

360°写真はグーグルマイビジネスの写真同様、下記の手順でアップが可能です。

また、「公開できませんでした」と表示されたときは、ストリートビューの公開に関する問題のトラブルシューティングを確認しましょう。

サイズや色味の問題でアップ出来ないケースもあるようです。

屋内版ストリートビューの撮影の際の注意点

2021

360°の写真を撮影して掲載出来る『屋内版ストリートビュー』ですが、撮影の際はどのような点に注意しなければならないのでしょうか。

この見出しではプライバシーなどの観点から、注意点を詳しく解説いたします

人物の顔が写らないように撮影しよう

あとからモザイクを入れる手間をかけないためもそうですが、人物が映りこんでいるとプライバシーの問題になってしまうこともあります。

人がいない時間帯やよけてもらうなどして、人がいない室内で撮影することをおすすめします。

また、飲食店などは来店したお客様の姿が写らない工夫をしましょう。

併せて室内だけではなく、店の外などにも配慮し、人の顔や体が映らないよう注意しましょう。

室内がきれいな状態で撮影する

インドアビューは多くのユーザーが閲覧するものですので、できるだけ綺麗で雰囲気が伝わる魅力的な写真を用意しましょう。

机のものを本棚やロッカーに片付け、整理整頓してすっきりして見るようにするなど、基本的なことですが徹底し、自店舗の魅力をしっかり伝えましょう。

個人情報・機密情報などの情報が写っていないか確認

特にオフィスなどの内観を撮影する場合は、従業員やお客様の個人情報が記載された書類や名簿などが置いていないか確かめて撮影するようにしましょう。

Googleストリートビューは360度パノラマ写真なので、カメラを置いた位置から床や天井を含めて360度が全て撮影されます。

遠くのものでも割とはっきり写るので、撮影後もしっかり確認するようにしましょう。

また、ロッカーなど氏名が表記されているものは色付きのテープなどを上から貼り隠すと良いでしょう。

機材や撮影者の影、光が映らないようにしよう

窓などに人物や機材などが映らないように心がけましょう。

また、影や光などが映り込んでも大きな問題はありませんが、不要な映り込みは写真の質の低下に繋がります。

撮影時に反射して自分や機材が映り込まないかを確認を行うと良いでしょう。

また、逆光などで写真の内容が分かりづらくなってしまうと、アップロードできないこともあります。

屋内版Googleストリートビューの必要性とは?

ここまで屋内版ストリートビューのメリット・デメリットを解説しましたが、屋内版Googleストリートビューの効果について、Googleも公式サイトで下記の情報を提示しています。

  • お店や企業に関する情報検索のうち、44%で地図サービスが利用されている。
  • 場所に関する検索のうち、平均41%が店舗などの訪問に繋がる。
  • Googleマイビジネスの情報に写真とGoogleストリートビュー・インドアビューが入っているとユーザーの興味を引く確率が2倍になる。

引用元)https://www.google.com/intl/ja/streetview/#!/#jumpto

Googleが計測しているデータでは上記のように計測がされていますが、こちらは世界でのデータになります。

それでは、日本国内の場合はいかがでしょうか。当社でGoogleマイビジネス運用及び屋内版ストリートビューの撮影を行わせて頂いたお客様の事例を参考に解説していきます。

屋内版Googleストリートビュー導入の来店効果事例

当社の事例として、整体業界様の事例を紹介させて頂きます。(※2020年にGoogleストリートビュー撮影を実施)

上記図は、昨対比でデータとしてCV(経路案内、WEBサイト、電話)がどれだけクリックされたかというデータになります。各月、左が2019年、右が2020年のデータとなっています。

ご覧頂くと、Googleストリートビューを導入していない昨年と比べてCV(来店に繋がる行動数)が格段に伸びていることがわかります。

メリット②でもあげさせて頂いた、「来店率」という部分が大きく改善されていることがあげられます。Googleマイビジネス運用、ローカルSEO(MEO)は、対象となる検索クエリでの上位表示も集客に有効的です。

ただし、ローカル3パックにランクインしていない場合も比較検討の対象になることは多くありますので、屋内版ストリートビューや動画などを活用し、他Googleマイビジネスとの差別化を行うことが重要になることでしょう。

まとめ

今回、屋内版Googleストリートビューの重要性だけではなく、Googleマイビジネスの情報を充実化させることの重要性もご理解いただけたと思います。

Googleマイビジネスを活用するには、対象の検索クエリで上位表示することだけではなく、ユーザーに選んでもらえるようなGoogleマイビジネスの充実化・情報発信が重要となりますので、他店舗・施設と差別化を図るために屋内版ストリートビューを検討してみてもいいと思います。

当社では、屋内版Googleストリートビュー撮影も承っていますので、ご興味ある方は下記よりサービス詳細をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事