どの会社も公開しないローカルSEO(MEO)施策会社の施策内容を一部公開!

Local Engine(ローカルエンジン)を運営する株式会社トライハッチ、マーケティング事業部の引田です。主にGoogleマイビジネスやYahoo!プレイスなどの分析や運用施策を担当しています。

ローカルSEO(MEO)の活用が増える中、対策自体を外部の専門会社に任せるケースも増えてきています。しかし、実際にどのような対策を行っているのか分からなくて不安に思っている方も多くいらっしゃることだと思います。

そこで今回は、ローカルSEO(MEO)施策会社である当社の施策内容を一部公開いたします。

ローカルSEO(MEO)のランキングシグナルとは?

ローカルSEO(MEO)のランキングシグナルとは?

施策内容を紹介する前にローカルSEOのランキングシグナルを理解する必要があります。ローカルSEOのランキングシグナルは大きく分けて、「近接性」「関連性」「認知性」の3つに分かれます。

「近接性」とは

「近接性」とは、検索者と対象店舗の距離のこと指します。対象店舗と検索者との距離が近いほど、検索表示順位は上位に表示されやすくなります。

「関連性」とは

「関連性」とは、Googleマイビジネスの情報(カテゴリや所在地など)、ウェブサイトやポータルサイトに登録されている情報と、検索者の検索ワードとの関連性を指します。

対象店舗に関する情報と検索者の検索ワードが重要となり、その検索ワードが対象店舗に関する情報と関連性が高いほど、検索表示順位はより上位に表示されます。

端的な例として、新宿駅で「新宿 ラーメン」と調べた場合、正式名称「新宿ラーメン」というビジネス名の店舗が新宿にあれば、検索とより関連性が高いため検索表示順位は上位になりやすいと考えられます。

「認知性」とは

「認知性(知名度)」とは、Googleマイビジネスの検索数や表示回数、サイテーションや被リンクにより、より多くのユーザーが対象店舗を認知することを指します。

GoogleはGoogleマイビジネスについて、「Googleマイビジネスは ” 既にそのビジネスをご存知の方” 向けにアプローチしていくサービスであるということ」と回答しています。

対象店舗の認知が高ければ高いほど検索表示順位は上位に表示されやすくなります。

「エリア」での上位表示

「近接性」に関連する事柄として、「エリア全体」での上位表示についても対策する必要があるといえます。

※ここで指す「エリア」は、位置情報がOFFの状態で「地域名+業種名」で検索する場合を指しています。

対象店舗の座標にて「地域(エリア)×業種(関連ワード)」で検索すると、高い確率で対象店舗は上位表示されますが、「エリア全体」で検索した場合、必ずしも当該店舗が検索上位表示される訳ではありません。

例えば、下記は弊社の本社で位置情報ONとOFFの場合で「中野 イタリアン」と検索した際の検索結果です。

現地で「地域(エリア)×業種(関連ワード)」の検索を行い、行きたいお店を探される方は多いと思われますが、事前に自宅や移動する電車などで検索される方もいますし、位置情報をONにしていないで「地域名+業種名」で検索するユーザーもいます。

後者の人々を集客に結びつけるためには、「近接性」とあわせて「エリア全体」での検索上位表示も重要となります。

弊社では、「エリア全体」での検索上位表示のみならず、より多くの集客に結びつけられるよう心掛けた分析施策を行っています。

ローカルSEO(MEO)分析・施策の流れ

ローカルSEO(MEO)分析・施策の流れ

弊社では、Googleマイビジネスにおける分析を大きく分けて「内部分析」・「外部分析」の2つに分けています。それぞれの項目は下記となります。

内部

  • NAP
  • オンページ
  • クチコミ

外部

  • サイテーション
  • オンページへの被リンク

分析と施策の流れとしては、競合マイビジネス(最適化したいキーワードのローカル3パック内表示のGoogleマイビジネス)を分析し、どの部分が評価され上位にランクインしているかを分析します。

その次に対象となるGoogleマイビジネスを同様の項目で分析し、ローカル3パック内に表示されるGoogleマイビジネスとの違いを明確にします。

分析項目については、これまでに1,000店舗のローカルSEO(MEO)を運用してきたノウハウと、当社が開発するローカルSEO(MEO)順位計測・効果測定ツール「MEOチェキ」に登録されている7,000店舗のデータを活用し、全27項目(内部要因19項目・外部要因8項目+サイテーションに関する項目)のランキング要因を分析しています。

分析を終えた後は、不足部分や強化部分を内部→外部の順番で施策をしています。

分析と施策の詳細について

ローカルSEO(MEO)の分析と施策内容について、全てを公開することはできないですが、今回はその一部を公開いたします。ちなみに当社はGoogleマイビジネスのポリシー・ガイドラインに沿った適切な運用を行っています。

以前に横行したビジネス名にキーワードを含めるなどのガイドライン違反は行っておらず、利用規約やお申込書にもポリシー・ガイドラインを導守する旨を記載していますのでご安心してご依頼頂けます。

Googleマイビジネスの検索数と表示回数

弊社が対策を行っている店舗様を対象に、「同一エリア」「同一業種」で上位表示店舗(検索表示1位~3位)と下位表示店舗(3位以下)のGoogleマイビジネスインサイトデータを比較しました。

調査では、以下のような測定結果が確認されました。

上記調査の結果、上位表示店舗は下位表示店舗の「表示回数」を上回っていることが確認できました。

調査対象が少ないため、100%と言い切ることは難しいところですが、「認知性」においてGoogleマイビジネスの検索数と表示回数が大きく影響していると考えられます。

Googleマイビジネスの検索数と表示回数それぞれの数値を改善することにより、「エリア全体」での検索上位表示はもちろん、単純に検索数と表示回数が増えることはさらなる集客へつながると言えるため、非常に重要な要素であるといえます。

メインカテゴリや追加カテゴリの最適化

Googleマイビジネスには1,500以上のカテゴリがあり、その店舗の業態に最も適しているカテゴリを選択する必要があります。

誤ったメインカテゴリや追加カテゴリを選択してしまうと、検索結果で20位以下や店舗ビジネスがGoogleMapsに表示されないというようなことになる可能性があります。

NAP情報の統一

NAP情報とは、Name(店舗名),Address(所在地),Phone number(電話番号)の頭文字を取ったものです。

ウェブサイトやポータルサイトなどのNAP情報を、GoogleマイビジネスのNAP情報と統一することにより、より多くのサイテーションを獲得できます。

サイテーション、被リンクの設置

NAP情報の統一だけではなく、実際にサイテーション設置や被リンク獲得を行い、外部要因による認知度向上について施策しています。

サイテーションの設置について、ノウハウに関する部分について具体的なお話はできませんが、弊社独自の分析項目による調査と、自社開発ツールや海外ツールを用い、効率よく不足部分を洗い出し、より効果的なサイテーションとなるよう日々分析・更新を行っています。

写真の枚数・PV数の改善

Googleマイビジネスに追加される写真は、ユーザーがその店舗を知るためにとても重要であると言えます。

検索上位表示される店舗には、PV数が多い写真が複数あるという共通点があります。

より多くのPV数が稼げる写真、言い方を変えると「ユーザーがより興味深い写真」を投稿・追加することが重要です。

具体的には、普段ユーザーが見ることのできない厨房など、より興味を引けるものや、画質の粗いものではなく、ある程度綺麗で見やすい画像などがあげられます。

クチコミの増加

クチコミの増加においては、当社が独自開発する「星カクトくん」を提供しています。(※有料オプション)

星カクトくんは、サクラや虚偽のクチコミ獲得ではなく、実際に来店(来院)したお客様にSMS/Emailでクチコミを依頼することができます。

詳細は「星カクトくん」サイトをご確認ください。

まとめ

ここまでに紹介した分析や施策は一般的な対策など、ごく一部の分析項目や対策内容です。

弊社ではさらに細分化された分析項目や、より効果的な施策が行われており、検索上位表示はもちろん、さらなる集客につなげるための運用アドバイスやツールのご紹介など、ローカルビジネスオーナー様に寄り添った運用を行っています。

ただ検索上位表示できればよいのではなく、集客を伸ばしたいという根本の理由について真摯に向き合うことが重要だといえます。

弊社のローカルSEO(MEO)について少しでも気になった方、対策を任せてみたいと感じた方は、ぜひ一度お問い合わせください。