気になるMEO対策費用の相場や契約体系についてのまとめ

Google Map上位表示施策であるMEO対策ですが、提案を受けてからはじめて知ったという企業様・事業主様も少なくないと思います。一般的に知られていないサービスだからこそ、価格相場や契約体系が良く分からずに業者へ依頼してしまったというご相談も良く頂きます。

今回は、MEO対策の費用相場や契約体系について紹介していきます。

MEO対策の費用相場・課金形態

MEO対策の費用相場は、月2.5万円〜5万円で設定されているケースが多く、キーワード数や課金形態によって金額設定が業者毎に変わります。主な施策内容は、業者によって大きな違いはありませんが、キーワード数・課金形態・契約期間が業者毎に違います。

キーワード数は、多くのMEO会社が4キーワードでの対策を行っていますが、中には6キーワードやプランによっては、6キーワード以上の対策を行うMEO業者もありますので、提案を受けるMEO会社に対策できるキーワード数を聞いてみるといいでしょう。

課金形態は、成果報酬型と固定型の2パターンがあります。成果報酬型は、対策キーワードの上位表示(Google Map上位枠)が達成されない限り費用は発生せず、上位枠(3位以内)に表示された日数×日額成果金額で月の支払う金額が決まる課金形態です。逆に固定型は、上位表示されてもされなくても一律の金額が発生する課金形態です。

また、契約期間は6ヶ月〜もしくは12ヶ月〜の期間縛りがあるのが一般的です。

MEO業者の選定基準

ここからはMEO業者の選定基準を紹介していきます。

①キーワード数

一概にたくさんのキーワードを対策してくれる業者に任せるのは危険です。成果報酬型の場合、契約書を見て頂くと「4キーワード中、1キーワードでも上位表示されれば成果発生」という文言があると思います。たくさんキーワードを施策してくれるからお得だと勘違いし、集客を行いたいキーワードで集客が出来ないのに費用が発生してしまうというケースもあります。

ただし、多くのキーワードが上位表示されれば、それだけ集客の幅を拡がりますので、サービスが複数ある場合などは、4キーワード以上の施策を行うのも良いと思います。

ちなみにMEO業者が行うMEO対策の4キーワードは、下記記載のキーワードで4キーワード換算となります。

  • 「高円寺_歯医者」
  • 「歯医者_高円寺」
  • 「高円寺駅_歯医者」
  • 「歯医者_高円寺駅」

仮にインプラントや矯正歯科なども施術としてある場合には、4キーワードでは足りませんね。このように自店舗・自医院のサービスメニューによっても対策すべきキーワードは変わってきますので、一概にキーワード数が少なくて安いからやキーワードを多く対策してくれるからなどの判断軸でMEO業者を選定しないように気をつけましょう。

②課金形態

2018年にMEO対策を提供している会社のほとんどが、成果報酬型のMEO対策を提供しています。SEO対策であれば、1ページ目ランクインの枠が10位までありますが、Google Map上位枠は3枠(3位)までしかありません。

同じ商圏エリアに競合が多く存在するのであれば、それだけ上位表示の難易度も上がります。無駄に固定費で上位表示されていなくても料金発生がする固定型ではなく、費用対効果を考えるのであれば、成果報酬型で上位表示された際に費用を支払う方が費用対効果は高いです。

成果報酬型で1ヶ月丸々上位表示されていたとしても2.5万円〜3.5万円が上限金額です。固定型でも同じぐらいか数千円安い程度ですので、成果に合わせた課金形態を選択するのがベストでしょう。

固定型で4.5万円以上の価格設定をしているようなボッタクリ業者もいるみたいですので、課金形態は慎重に選択するようにして下さい。

③契約期間

契約期間は6ヶ月もしくは12ヶ月が一般的です。

MEO業者も長い期間契約を頂けるお客様には、毎月の費用を下げたりするなど柔軟に対応してくれる業者も多いため、この辺は交渉してみてはいかがでしょうか。

リスクヘッジをするのであれば6ヶ月でまずは導入し、毎月の支出を少しでも抑えたい場合は、12ヶ月で行うなど、お客様の考え方によって契約期間は決めて問題ないでしょう。

④費用相場

成果報酬の場合、日額900円〜1,200円というのが一般的です。キーワード数や契約期間によって金額は変わりますが、4〜6キーワードの対策であれば、月額上限金額が4万円を超える場合は、割高だと思った方が良いと思います。

固定であれば4キーワードで2〜3万円程度が相場です。固定の場合、3.5万円以上する場合は、割高と思った方が良いと思います。

⑤効果測定の確認方法

ヴェニスアップデートの記事で紹介させて頂きましたが、MEO対策の検索結果はIPアドレス(位置情報)によって変わります。目視確認の場合、お客様がいる地点と業者がいる地点でMEOの検索結果に違いが出ることがあります。

MEO対策を業者に任せる場合、順位の取得方法や確認方法を聞くようにしましょう。目視では上位表示できていますとMEO業者が言っていても、上位表示させたい地域で上位表示されていない場合も考えられます。

IPアドレス(位置情報)を把握でき、目視以外の方法で順位確認をできるGoogle Map上位表示施策に知見のある会社を選定するようにしましょう。

まとめ

本日は、「MEO対策費用の相場や契約体系についてのまとめ」を紹介させて頂きました。費用や契約期間・契約形態を把握していなければ、思わぬ損をすることになるかもしれません。

MEO対策の相場を理解し、費用対効果の高いGoogle Map上位表示施策(MEO対策)を行うようにしましょう。

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。