MEO対策(ローカルSEO)を行う際、MEO順位の確認をスマホやPCで行なっているとしたら正しく計測できていない可能性があります。

Google検索・Googleマップ検索は、検索時の位置情報や検索履歴でも順位が変わる仕様のため、 PCやスマホに表示されている検索結果はあてになりません。

そこで本記事では、無料で出来る順位のチェック方法からおすすめのMEO順位チェックツールについて解説します。

この記事で分かること
  • MEO対策ツールのメリット・デメリット
  • 無料でできる3つのMEO対策順位計測方法
  • 無料のMEO対策ツール2選!
  • 有料MEO対策ツール5選!
  • MEO対策で競合との比較分析ができるツール
MEO対策とは?と思う方は「MEO対策(ローカルSEO)とは?具体的な運用と集客方法を徹底解説!」をご参考ください。

MEOツールとは?

MEOツールとは、MEO対策を行った結果の順位を計測や管理・運用・分析までを行うツールのことを指します。

弊社MEOツール「MEOチェキ」を例にして、でできることをまとめると主に以下のようになります。

MEO対策ツールでできること
  • 任意の地点での日次自動順位計測
  • 順位結果のキャプチャ保持
  • インサイトデータの確認
  • 競合順位計測
  • 投稿予約/投稿インサイト確認
  • 施策メモ機能
  • 各種情報のCSVエクスポート
  • 口コミ獲得・返信
  • 複数店舗の一括運用管理

MEO対策を行うにあたり、どれも重要な機能となり、施策の実施や店舗運用に集中できるようになります。

MEOツールがないと⋯⋯

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)自体は無料で利用できるツールですが、MEOツールがあるとないとでは運用の負担や正しい順位計測・効果測定に違いが生じます。

MEO対策ツールがないと…
  • デベロッパーツールを用いた日次の順位計測順位計測で手間が多い
  • 計測データの蓄積と順位の推移がアナログ管理になる
  • インサイトの分析が直近3ヶ月までしかできない
  • 上位マイビジネスとの違いをアナログで分析
  • 投稿・クチコミの返信が即時反映

このように日々変わる順位をGoogle Chromeのデベロッパーツールを用いた順位計測やGoogleマイビジネスインサイトでのアナログな効果測定などをしていましたが、とても工数がかかる上に順位が正しく取れない点や、Googleマイビジネスの内部情報の分析精度が低くなってしまうなどの課題が出てきます。

Local Engine

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)以外にも管理する媒体が店舗事業主様には多く、店舗運営なども考慮するとGoogleマイビジネスの運用が負担になってしまいます。

このように、正しい効果測定ができない中で闇雲にGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を運用するのは、とても大変なことです。
このような理由から、MEOツールを導入する店舗様が増加してきています。

MEOツールのメリット・デメリット

それでは、ここから具体的にMEOツールのメリット・デメリットについて解説していきます。

MEOツールのメリット・デメリットは主に以下の通りです。

MEOツールのメリット

MEOツールのメリットはやはり「指定の住所地点で順位計測ができる点」でしょう。

SEOとは違いMEOでは以下の理由から順位が正しく表示されない傾向にあります。

順位が正しく表示されない理由
  • 位置情報が自動で取得されてしまう
  • 検索する場所が順位に大きな影響を与える
  • 過去の検索履歴やWeb上の行動から最適化された順位が表示されてしまう

これらの項目は主に「位置情報」「パーソナライズ」と言われていますが、ユーザーが検索した際に最適な検索結果を返すGoogleの素晴らしい機能です。

例えば、北海道にいる人と沖縄にいる人が「ラーメン」と検索した場合、検索結果はそれぞれの地域にパーソナライズドされます。

このような検索エンジンの仕組み上、自店舗のマイビジネスが自店舗のPCやスマートフォンでは上位表示されているが、実際は上位表示されていないというケースが起きます。

Local Engine

この機能のおかげで「近くのコンビニ」と検索しただけで、過去検索したお店や近隣の店舗が優先的に上位に表示されるとても便利な機能でもあります

確かに1ユーザー視点だと便利な機能なのですが、MEO対策を進める店舗様にとっては、順位計測がしづらくなってしまいます。

しかし、MEOツールを使用すれば「任意の地点を指定して、好きな時間にパーソナライズされずに自動計測して蓄積する」ことができます。

その他にも各社機能が差別化されていますが、個人的にはやはり「競合比較分析機能」のあるツールをおすすめしたいと考えています。

MEO競合分析機能とは

他Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)と自社ビジネスプロフィールの比較を行い、どの点が劣っているのかを確認することができる機能です。クチコミ点数やキーワードの含有率、写真の枚数やHP(オンページ)情報やサイテーションなど、競合ビジネスプロフィールや上位表示されているビジネスプロフィールとの比較を行うことが可能です。

担当者の悩みとして、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)をどう改善したら良いか分からないという声を多く頂きます。

運用をサポートするだけでなく、分析業務まで活用できるツールがあると集客効果に紐づいた運用ができるようになります。

ここまでお話した通り、MEOツールには「正しい効果測定」「運用管理の簡略化」「分析機能による上位表示」などのメリットが挙げられます。

MEOツールのデメリット

MEOツールのデメリットといえば、やはり固定費がかかる点でしょう。

ツールの相場的には無料のものから30,000円程度のものまで、かなり幅があるサービスとなっています。

ツール名料金
MEOチェキ2,980円〜/月
MEO tracker20,000円〜/月
MEO DASH30,000円〜/月

また、MEOツールを入れただけで、集客が改善するわけではないという点も覚えておいた方がいいでしょう。無料のものも使えますが、やはり機能が一時的なものが多く、あまりおすすめはできません。お試しで使う程度に考えた方がいいでしょう。

MEOツールを使用しない順位計測方法

現在、MEOにおいてはパーソナライズド(※特に検索する住所)が影響することもあり、簡易的にGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)順位を調べることのできるツールが存在しません。

ただし、限定的ではありますが、下記に記載のやり方でMEO順位を調べることができます。

MEOツールを利用しない順位計測方法
  • シークレットモード/プライベートモードで検索する
  • Google広告の広告プレビューを利用する
  • デベロッパーツールを利用する

それでは詳しく見ていきましょう。

シークレットモード/プライベートモードで順位確認を行う方法

Google Chromeでは「シークレットモード」、FireFoxでは「プライベートモード」といった機能があります。

シークレットモード/プライベートモードでは、閲覧履歴やクッキー情報を残さずに検索することが可能になります。

また、過去の閲覧履歴やクッキー情報などのパーソナライズドの影響を受けずに検索することが可能です。(1部のクッキー情報は100%ではないこともあります。)

ただし、シークレットモード/プライベートモードでは、位置情報が反映されてしまうため、正しい検索結果とならない可能性が高いといえます。

当記事では、PCのGoogle Chrome、スマホのSafariでのMEO順位チェック方法を紹介します。

PC(Google  Chrome)の場合

Google  Chromeを起動後、右上にある3本線をクッリクすると「新しいシークレットウィンドウ」が表示されますので、クリックして下さい。

新しいシークレットウィンドウ

下記図がシークレットモードのTOP画面となります。

シークレットモード画面

この画面で検索を行うことにより、先ほど説明したように過去の検索情報や閲覧履歴が影響しない、位置情報のみ反映されたキーワードの検索結果を表示することができます。

スマートフォンの場合(Safari)

スマートフォン(Safari)の場合もPC同様、シークレットモード(プライベートモード)で検索するだけです。

Safariの右下の赤枠内をタップします。

プライベートモード

左下に「プライベート」の表記が出てきますので、こちらをタップします。

プライベートモード

スマートフォン(Safari)の場合は、このプライベートモードで検索することにより、過去の検索情報や検索履歴を除外した検索結果を表示することができます。

Local Engine

この検索方法では、正しい順位チェックができないので注意が必要です!

Google広告の広告プレビュー診断で確認する方法

シークレットモード/プライベートモードを使用することにより、過去の検索情報や検索履歴を除外することはできますが、位置情報は影響してしまうため、正しい検索住所での検索結果・順位を把握することができません。

そこで利用できるのが、「Google広告の広告プレビュー診断」です。Google広告の管理画面を開き、赤枠内の「広告プレビューと診断」をクリックします。

広告プレビューと診断

広告プレビューと診断ページが下記のように表示されます。

広告プレビューと診断

赤枠内の「検索キーワード」、「地域」、「言語」、「デバイス」を選択することで、別地域の表示結果を把握することができます。

当社は、東京都杉並区にある会社ですが、試しに『沖縄 タコライス』を『沖縄県那覇市』で検索してみます。

広告プレビューと診断

上記のように、東京にいながらも別地域の表示結果を確認することができます。

ただし、Google広告の広告プレビューと診断は、本来リスティング広告が正しく表示されているかを確認するためのツールですので、対象キーワードのTOP3位までしか表示を確認することができません。

ただし、パーソナライズドとは違い、位置情報に合わせたMEOの検索結果を確認することができるのが良い点です。

位置情報の書き換えを行い順位チェックする方法

Googleのデベロッパーツールを活用し、位置情報を書き換えて検索結果を表示する方法を紹介します。

デベロッパーツールは、Web開発においてバグが発生していないかなど、ソースコードを確認するためのツールとして、各ブラウザに標準搭載されています。

Google Chromeでは、右クリックで「検証」をクリックすることでデベロッパーツールを起動させることができます。

デベロッパーツール

右上の縦3つの点をクリックし、「More Tools」にカーソルを合わせ、「Sensors」をクリックします。

デベロッパー画面

Sensorsが起動し、「Geolocation」という項目が表示されます。

最初は、「No override」となっていますが、これは場所の書き換えをしていないという意味になります。

この「No override」を「Custom location」に変更することで、位置情報を書き換えることができるようになります。

Custom location

緯度・経度に関しては、「Geocodding」や「WELLHAT」といった、緯度・経度を検索できるサイトがありますので、そちらで希望の地点の緯度経度を調べ入力しましょう。

緯度・経度を入れた後は、キーワードを入力すれば、緯度・経度を定めた検索結果を表示することができます。

Local Engine

上の二つに比べて、正確性は上がりますが、どうしても専門的な知識が必要な点がマイナスです。

無料でできるMEO順位チェック方法

ここまで無料でできるMEO順位チェック方法をご紹介してきましたが、これらの内容をまとめると以下のようになります。

やはり、正確性ではデベロッパーツールですが保存性の悪さや難易度の高さが目立ちます。その点MEOツールでは、自動で順位計測して保存してくれるのがメリットといえますね。

シークレット
モード
広告テストツールデベロッパー
ツール
MEOツール
正確性×
保存性×××
難易度××
料金無料無料無料有料
詳細位置情報の観点から正確性が低く保存ができないため分析を上位3件までしか順位確認できない。またGoogle広告アカウントが必須である。正確な順位は確認できるが専門知識があり手間もかかる上に保存ができない正しい順位計測が可能であり、順位計測の手間を削減できる
ポイント
  • 検索情報や検索履歴の影響を受けない検索結果を知るには、シークレットモード/プライベートモードを利用すると良い
  • 検索住所を指定した検索結果を確認するには、Google広告の広告プレビューを診断を利用すると良い
  • 位置情報の書き換えを行う場合は、各ブラウザのデベロッパーツールを利用すると良い
  • 有料でもMEOツールが簡単で便利!

【無料版】MEOツール比較

それではここからは無料で使えるMEOツールを比較していきましょう。

無料で使えるMEOツールは主に以下の2つのツールとなります。

無料で使える2つのMEOツール
  • I Search From
  •  Promost 「MEO順位チェックツール」

無料で使えるMEOツールの特徴としては、順位の取得しかできないなど利用シーンがかなり限定的な点です。

「単純に順位だけ見れれば良い」というのであれば問題ないかも知れませんが、順位を計測しただけでは店舗集客に繋がらないビジネスがほとんどかと思います。

Local Engine

中には途中から有料になるものもありますので、そういった点からも利用には注意が必要です。

無料MEOツール①|I Search From

無料のMEOツールである「I Search From」の特徴は主に以下の4つです。

I Search Fromの特徴
  • 国・言語・キーワード・端末を指定して順位計測が可能
  • SEOの順位計測も可能
  • 英語サイト
  • 任意の位置(新宿駅)などからは計測不可
  • 順位結果が見づらい

順位計測できますが、任意の位置情報に指定できないため、任意の地点にいるユーザーが検索した結果とは違う可能性があります。

また、検索結果の画面が非常に見にくい点や英語表記のサイトしかないのはマイナスポイントといえます。

公式サイト:I Search From

Promost 「MEO順位チェックツール」

Promost「MEO順位チェックツール」
  • 1~20位までの順位チェックが毎日行える
  • 地域・キーワードを指定した順位チェックが可能
  • 順位履歴を順位チャートで可視化
  • Googleマイビジネスのクチコミ管理が可能

キーワードによる順位チェックは可能ですが、計測でいるキーワードは1キーワードに限られています。

また「MEO順位チェックツール」は利用を開始してから14日間のみ無料期間ですので、注意してください。自動契約されることはありませんが、15日目以降は使用不可となります。

複数キーワードの順位を確認したい場合は、別途有料の契約が必要となります。

公式サイト:Promost 「MEO順位チェックツール」

【有料版】MEOツール比較

さて、ここまでは無料のMEOツールについて解説してきましたが、ここからは有料のMEOツールについて解説していきます。

有料のMEOツールは主に以下の4つとなります。

有料のMEOツール
  • MEOチェキ
  • MEOtracker
  • On map eye
  • Gyro-n「MEO順位チェックツール」

有料のMEOツールですと、限定的な機能なものから競合との比較分析までできる高性能なタイプまでさまざまです。

それぞれの特徴をまとめると以下の通りになります。

MEOチェキMEOtrackerOn map eyeMEODASH
料金/月額2,980円〜20,000円〜不明

2,000円〜
30,000円〜
特徴特許取得済大量に順位計測他地点計測運用代行まで
導入実績20,000店以上不明不明不明
計測キーワード数4キーワード~10キーワード~4キーワードまで4キーワード
順位計測頻度毎日毎日毎日毎日
順位計測地点市区町村・任意の地点(特許取得済み)市区町村市区町村市区町村
順位取得時間取得時間指定可能取得時間指定可能朝・昼・版のタイミング不明
順位取得の画面保持×××
施策メモ機能×不明×
投稿機能(予約投稿含む)××
インサイトデータ確認××
レポーティング機能×不明×
クチコミ管理・分析機能◎(プランに応じる)×××
改ざん防止機能××
内部分析・競合分析機能◎(プランに応じる)×××
MEOツール比較資料の完全版を無料ダウンロード
MEO比較資料ダウンロード
ツール7社を徹底比較!

トライハッチ|MEOチェキ

登録店舗が2万店舗を超え、業界トップクラスとなった実績を持つMEOチェキの特徴は以下の通りです。

MEOチェキの特徴
  • MEOツールで唯一の競合分析機能付き
  • MEO対策の基本的な効果測定が可能
  • 予約投稿やクチコミ管理までMEOに関することを網羅
  • 複数店舗の一括編集機能
  • 改ざん防止機能

MEOチェキは基本的な順位取得やインサイトを使用した効果測定だけでなく、上位競合との比較分析機能まで揃っているのが特徴です。

分析機能はMEOチェキだけの機能となっており、MEO対策までしていきたい店舗様にはぴったりのツールとなっています。

またこれらの点以外にも、頻繁にツールのアップデートを行い、バグや改善が早いイメージを持たれているため、安心して使える最先端かつ堅実なツールと言えます。

高い技術力と安心してツールを使用したいならMEOチェキが非常におすすめです。

公式サイト:MEOチェキ

MEO tracker

3つ目にご紹介するのがMEO trackerです。

MEO trackerの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 20,000円〜と高価格
  • 順位計測はできるがキャプチャ保存はなし
  • 予約投稿やクチコミ管理などは不可

MEO trackerはどちらかというとMEOの順位を計測するだけという印象が強いツールです。

価格の割には、投稿予約機能やクチコミ管理も不可能なため、店舗での使用には不向きかもしれません。

また、分析機能がないのもMEO対策に詳しくない担当者としては厳しいでしょう。

公式ページ:MEO tracker

MEOツール「MEOチェキ」とは

Local Engineを運営する株式会社トライハッチでは、弊社独自開発のMEO順位チェックツール「MEOチェキ」を提供しています。

日次で20,000店舗以上、60,000キーワード/日の順位計測・インサイトデータ測定を行う国内屈指の計測数を誇るMEO順位計測・効果測定ツールです。

検索住所を指定した日次の順位計測から、過去最大2年間分のインサイトデータの確認を行うことができるGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)運用最適化ツールです。

20,000店舗以上の導入実績
MEOチェキを見てみる
内部分析/競合分析でMEO集客の改善!

▼MEO順位測定ツール「MEOチェキ」

MEO順位測定ツール「MEOチェキ」

Googleの指定した地域に合わせ、100位までの順位計測を日次で行なっています。(※通常プランは20位まで)

また、Googleインサイトとも連携することにより、上位表示後の電話・経路案内・Webサイト誘導といった効果部分も計測することができるようになっています。

▼Googleインサイト画面

Googleインサイト連携機能

通常、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の管理画面では、直近1ヵ月しか確認することのできないGoogleインサイトデータですが、MEOチェキではGoogle My Business API連携により、最大過去2年間分のインサイトデータを確認することが可能です。

直接検索数と間接検索数の推移やユーザー行動の推移を確認することが可能です。

内部分析/競合分析機能

記事内でも何度かお伝えしていますが、MEOチェキの内部分析機能は精度が高くおすすめできるツールです。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)基本的な内部分析、競合分析を驚くほど簡単に行え、上位表示や最適化のヒントを簡単に得ることが可能です。

実際に弊社でも独自ツールをマーケターが使用することでより効果的に施策の運用やMEO対策を実施できています。多くのお客様にご満足頂ける機能でぜひ店舗の集客課題を一緒に解決していきましょう。

20,000店舗以上の導入実績
MEOチェキを見てみる
内部分析/競合分析でMEO集客の改善!

まとめ

今回はMEO対策で順位をチェックする方法から、無料・有料のMEOツール比較を行なってきました。

おさらいになりますが、各ツールの特徴は以下の通りです。

MEOチェキMEOtrackerOn map eyeMEODASH
料金/月額2,980円〜20,000円〜不明

2,000円〜
30,000円〜
特徴特許取得済大量に順位計測他地点計測運用代行まで
導入実績20,000店以上不明不明不明
計測キーワード数4キーワード~10キーワード~4キーワードまで4キーワード
順位計測頻度毎日2日に1回毎日毎日
順位計測地点市区町村・任意の地点(特許取得済み)市区町村市区町村市区町村
順位取得時間取得時間指定可能取得時間指定可能朝・昼・版のタイミング不明
順位取得の画面保持×××
施策メモ機能×不明×
投稿機能(予約投稿含む)××
インサイトデータ確認××
レポーティング機能×不明×
クチコミ管理・分析機能◎(プランに応じる)×××
改ざん防止機能××
内部分析・競合分析機能◎(プランに応じる)×××

最適なMEOツールを選択してGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)運用を効率化しつつ集客改善していきましょう!