旅行や出張で遠方に出かける際、どこか良い宿泊できるホテルがないか、検索を通して調べると思います。

旅行予約サイトやポータルサイト経由で予約を行う方もいらっしゃると思いますが、ホテル関連ワードの検索上位にもGoogle Mapが表示されます。

ホテル関連ワードのGoogle Map枠は、他のキーワードよりも進んでいて、よりユーザーの利便性を意識した表示のされ方をしています。

今後、ホテル関連ワード以外も同様の表示方法になる可能性もあります。

今回は、MEO対策を行う上で、知っておくべきホテル検索の表示方法について解説していきます。

Google検索における”ホテル検索”の表示結果

ビジネスホテルのGoogle検索結果(パソコン/スマホ)

上記は、「新宿_ビジネスホテル」のパソコン・スマートフォンそれぞれのGoogle検索結果です。下記の「新宿_歯医者」の表示方法と違うことが分かります。

「新宿 歯医者」Google検索結果(パソコン/スマートフォン)

Googleホテル検索表示の特徴

まずは、ホテル検索におけるパソコンの表示結果から解説していきます。

Googleホテル検索 パソコンの表示結果

特徴としては、

  • 宿泊日から空いているホテルを探すことができる
  • 「人気のホテル」など、条件に合わせたホテルを探すことができる
  • レビュー(口コミ)が優先的に表示される
  • 表示方法が違う

といったところが挙げられます。

続いて、スマートフォン表示結果を見ていきましょう。

Googleホテル検索 スマートフォン

特徴としては、

  • 宿泊したい人数でホテルを探すことができる
  • 宿泊日から空いているホテルを探すことができる
  • 予算でホテルを検索できる
  • 価格や評価・設備からホテルを探すことができる
  • レビュー(口コミ)が優先的に表示される

また、その他のフィルタ検索では、ホテルのクラスや設備情報も細かく設定することができます。

Google Map検索のフィルタ

このように、旅行予約サイトやポータルサイトに引けを取らない充実した利便性を備えています。

検索結果の上部に表示され、利便性が高いことも考えれば、旅行予約サイトやポータルサイトで露出を増やすだけではなく、今後は、MEO対策を行い、検索上位を狙うことも必要となってきます。

まとめ

このようにホテル関連ワードの検索結果の表示方法は、ユーザーファーストの表示結果になっています。

現状、ホテル関連のキーワードのみの仕様となっていますが、今後は他のキーワードでも同じような仕様になる可能性はあると思います。

「今空いているスパを予約する」、「明日の10時に空いている評価の高い美容院を予約する」など、GoogleはMap部分の利便性を高め、よりユーザーにフォーカスした仕様を目指すと思います。

来店・来院を増やすためにもGoogle Mapで上位表示を実現することが、ローカルビジネスの集客には必要不可欠です。

 

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。