Instagramでデリバリー注文ができる?この新機能にローカルSEOで対策することとは?

新型コロナウイルスの影響による飲食店への打撃は非常に深刻となり、飲食店オーナー様は今までとは違った様々な取り組みをされていると思います。

その中でInstagramは2020年4月27日、Uber Eatsと連携をすることでお気に入りの飲食店のInstagramアカウントから料理を注文できる機能の提供を開始しました。

この機能追加はアメリカとカナダで4月中旬頃に先行導入がされた後に国内でもサービスが開始された機能です。5月に入り、Uber EatsだけでなくTableCheck、出前館、Picks、ヒトサラの加盟店もInstagramの機能を使えることになったことから、さらにSNSでの飲食店様の経営戦略は多様化されてきています。

このように、国内のWEBマーケティング市場は海外と比べて遅れをとっており、海外の機能や仕組みが国内に遅れて導入される傾向があります。

そのため今回は、Instagramの新機能に対してローカルSEO(MEO)対策で行うべき対策をご紹介します。

Instagramでどのようにデリバリー注文ができるのか?

SNSを活用した販売戦略については以前から注目をされていましたが、今の時期はより有効な手段になると考えられます。

ユーザーから見た注文画面を確認してみましょう。

画像引用元:Instagram から Uber Eats の注文が可能に

このように、ユーザーはストーリーズや飲食店の公式アカウントから加盟するデリバリーサービスサイトに移動して料理を注文することができます。

店舗がこの機能を利用するためには下記条件が必要になります。

  • Instagramのビジネスアカウントを開設していること
  • Uber Eats、TableCheck、出前館、Picks、ヒトサラ等の加盟店となっていること
  • 店舗側でデリバリー注文機能を追加する設定を行っていること

設定方法について詳しく書いてある記事は下記をご参考ください。

参照元:インスタ「料理を注文(食事の注文)」機能とスタンプでデリバリー可能に!設定方法、使い方。

Instagramのデリバリー注文機能を追加した後に、ローカルSEO(MEO)対策で行うべきこと

Instagramから注文できることで、Googleマイビジネスに必要な対策を紹介します。

まず、Instagramの注文タブをクリックすると加盟しているデリバリーサイトに移動します。

そこから注文ができるため、一見Googleマイビジネスの対策は必要がないのではないかと疑問を持たれるでしょう。

ただ、注文した料理や店舗の注文をもう一度注文したいリピートユーザーのことを考えてみてください。

再度その加盟しているデリバリーサービスサイトやアプリにログインして注文する方が大半かと思いますが、「店の名前を忘れた」「料理名が出てこない」というユーザーもいるでしょう。その際に活躍するのが検索エンジンです。

検索エンジンで検索されるであろうキーワードやまた簡単に注文できるような仕組みを作っておくことが機会損失を防ぐことになります。

そのため、必要な対策は下記です。

  • デリバリー対象の商品に含まれるキーワードを、Googleマイビジネス情報に含有する。
  • デリバリー対象の商品に含まれるキーワードを、Googleマイビジネスの情報として投稿する。
  • デリバリーやテイクアウト可能な商品を、Googleマイビジネスに登録しておく。

このように、店舗のことを(名前は忘れたけども)知っているユーザーに対する囲い込みを行うことが非常に重要です。

デリバリー・テイクアウト機能の設置方法」に関してはリンクされた記事をご覧ください。

ローカルSEO(MEO)にも飲食向けの海外先行サービスがある

先述したSNSの海外先行開始もそうですが、SEO対策に関する情報も海外の方が先行しています。

今まで繰り返されてきたアップデートも、海外の状況や情報をもとに日本国内に導入される傾向が多くあります。ローカルSEOに影響を及ぼしたアップデートとしては、『ヴェニスアップデート』や『音声検索』等があげられます。

では、海外で先行開始されて日本に導入された飲食店向けの機能とは、いったいどのようなものなのかを一部紹介します。

【チャット・メッセージ機能】

自社が管理しているGoogleマイビジネスの情報に、「MESSAGE」(国内では「メッセージ」)というアイコンが追加されました。

Googleマイビジネスのヘルプページ に詳細が記載されています。

画像引用元:海外&国内SEO情報ウォッチ

この機能を利用するには、GoogleマイビジネスでSMSでやりとりする端末の電話番号を認証しておく必要があります。

【ユーザー目線の機能メリット】

ユーザー目線のメリットとしては、Googleマイビジネスの情報やリンク先のHP情報を見ても把握できない情報を質問することができることです。

例)「在庫ある?」「混雑状況は?」等

WEB上で情報を探すよりも店舗へ直接確認した方が早いというユーザーには活用される機能じゃないでしょうか。

今の時期は、特にそのようなユーザーを取りこぼさないことで機会損失を生まない努力が必要です。

【店舗目線での機能メリット】

店舗側のメリットとしては、忙しい店舗でも店舗のタイミングで返信ができることです。

今までもGoogleマイビジネスには「電話」のアイコンがあります。ただ、忙しかった時や営業時間外等の時は対応できないこともあるでしょう。

そのため、SMSによる問い合わせならば、忙しい店舗でも対応しやすいというだけでなく、電話で問い合わせられなかったときにメッセージだけでも残しておいてもらうことでユーザーとの関係を切らせないことも機会損失を生まない対応になります。

【事前予約機能】

飲食店へ足を運んだ際に行列が出来ていて、食事をするまでに長時間かかる経験は誰しもがあると思います。

海外ではそのような問題を解消できるようなGoogleマイビジネスの機能が始まり、現在は日本国内でもサービスインされています。

下記図のような「GET IN LINE」というタブが表示されています。

google-get-in-line-button

画像引用元:Google Local “Get in Line” Button

そちらをクリックすると、下記のように「待ち時間」と「何組待ち」かが案内されます。

google-get-in-line

画像引用元:Google Local “Get in Line” Button

現在ではこちらから予約もできるようになっています。

このように、海外で実装された機能が遅れて日本国内に渡ってくることが多く、海外の状況の把握と対策が必要になることがわかります。

2017年から様々なアップデートが行われている中で、海外の情報をキャッチアップすることにより、今後の日本国内に実装されると考えられる機能も把握して事前に対策をすることも可能です。

まとめ

今回はInstagramのデリバリー注文機能の追加情報と、それに必要なローカルSEO(MEO)対策で必要なことを述べてきました。

Instagramのデリバリー注文機能は今の世の中にはユーザーにとって非常に使い勝手の良い機能でしょう。まだ実践していない飲食店様がいれば是非試してみてください。

また、SNSだけでなくローカルSEO(MEO)対策も近年様々な機能が追加されてきています。

特にローカルSEO(MEO)対策はポータルサイトに台頭してきた集客方法と言え、ローカルビジネスを展開されている方には必要不可欠な集客対策です。

Instagramの新機能追加は一見ローカルSEO(MEO)対策以外の機能のためアンテナが低くなりがちですが、ローカルSEO(MEO)対策が注目されて店舗集客の軸となる施策となりつつある今、店舗集客に影響を与える情報があれば、現在運用されているGoogleマイビジネスで変更する点はないのかという視点で集客戦略を考えると良いかもしれません。

お困りのことがあれば、7,000店舗の運用データを持つトライハッチにも是非一度ご相談ください。