【MEO最新情報】Googleマイビジネスのインサイト画面に『ブランド検索』が追加!

MEO対策の効果測定で便利なのが、Googleマイビジネスの管理画面から確認することができるインサイトです。

Googleインサイトでは、Googleマイビジネス(Google Map)を通して、ユーザーがどのような行動をしているのかを分析することができます。

今回は、このGoogleインサイトで『ブランド検索』が確認できるようになりましたので、詳細を解説していきます。

追加された『ブランド検索』

ブランド検索

今までは「直接検索」と「間接検索」の2つのみを表記していましたが、新たに『ブランド名』が追加されました。こちらは当社で管理するお客様のGoogleマイビジネス全てで確認することが出来ました。

Google マイビジネスヘルプにも詳細が記載されていますのでご確認下さい。

ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法

この項目では、お客様のビジネスを見つけたユーザー数と見つけた方法を確認できます。ダッシュボードでグラフをクリックまたはタップすると、それぞれの検索方法でお客様のビジネスを見つけたユーザーの割合が表示されます。

  • 直接検索数: ビジネスの名前や住所を直接検索したユーザー(例: Google マップでビジネス名「イタリーズ ベスト」を直接検索したユーザー)。
  • 間接検索数: 提供している商品やサービス、またそのカテゴリを検索し、お客様のリスティングが表示されたユーザー(例: Google 検索で「近くのイタリア料理」と検索したユーザー)。
  • ブランド検索数: お客様のビジネスに関連するブランドを検索したユーザー(例: ファストフードに関する情報を求めて「マクドナルド」と検索し、お客様のファストフード レストランのリスティングを見つけたユーザー)。このカテゴリは、ブランド検索でお客様のリスティングが 1 回以上表示された場合にのみ表示されます。
  • 合計検索数: 直接検索数、間接検索数、ブランド検索数の合計。

(引用元:Google マイビジネス ヘルプ

ブランド名検索の数を把握できるようになり、直接検索をより細分化して確認することができるようになっています。

また、こちらは以前よりある機能ですが、Googleインサイトからは、どのようなキーワードで流入しているかも下記のようなカタチで確認することができます。

Googleインサイトを活用することにより、どのような検索クエリで自店舗・クリニックのマイビジネスが表示されているのか、MEO対策を行なっているキーワードが集客に結びついているのかを確認することができます。

昨今、Google Mapのアップデートは、フロント部分・管理画面含め様々なアップデートが実装されていますので、常にチェックしながら対策を行うようにしましょう。

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。