SEO対策とMEO対策の違いとは?

SEO対策は聞いたことあるけど、MEO対策って何?という方も多いと思います。今回は、このSEO対策とMEO対策の違いを説明していきます。

SEO対策とMEO対策の違い

SEOは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称で、MEOはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称です。

つまりSEOでは、特定ワードの検索で対象のホームページを検索結果の上位に表示させる対策であり、MEOは特定の「地域名×キーワード」の検索結果でGoogleマイビジネスを上位表示させる施策です。

SEOでは、上位表示させることにより、対象のホームページへユーザーを誘導することを目的にしていますが、MEOの場合は、ユーザーの来店や電話問い合わせなどに誘導することが目的となります。

言わば、MEO対策はローカルビジネス(地域ビジネス)を展開する事業主様に特化したGoogleマイビジネスの上位表示施策と考えて頂ければ間違いありません。

現在、Googleの検索結果では、Googleアカウントにログインしているかログインしていないかでも変わりますが、下記図の表示順となっています。

Googleは、検索エンジンを利便性高いモノに進化させています。その中で店舗を探すユーザーに利便性高い検索結果を表示させる仕組みになっていますので、ローカルビジネスを展開する事業主様は、このGoogle Map上位枠への上位表示を行うことが、集客増加に大きく影響するような検索結果となってきています。

また、「MEO対策を行う上で知っておくべきヴェニスアップデートについて」で説明しましたが、GoogleはMEO向けのアップデートも行なっていますので、MEO対策の重要性が分かります。

最後に

ローカルビジネスでの集客でもMEO対策をはじめ、SEO対策やリスティング広告、SNS広告など、ありとあらゆるWebマーケティングが必要です。その中で、どの集客施策が費用対効果高く、効率的に来店・来院を促すことができるのかを考え、Webマーケティングの取捨選択を行うことが重要です。

MEO対策の窓口を運営する株式会社トライハッチでは、MEO対策をはじめとするWebマーケティングのご支援をさせて頂いています。MEO対策に限らず、Web集客に関するお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

検索エンジンマーケティングに特化したWebコンサルティング会社である株式会社トライハッチのMEO対策の窓口運営事務局です。豊富なMEO対策実績をもとにMEOに関する役立つ情報を配信していきます。